米国非営利教育財団 SAFスタディ・アブロード・ファウンデーション
Contact Us | Student Login | SAF認定留学 | 留学相談・お問い合わせ

イギリス
For Students
SAF参加学生の体験談
SAF Seminars/Events
SAF Newsletters

 

SAF留学プログラム参加学生の体験談

yuuka_torama 氏名: 乕間 祐香 (Yuuka Torama)
所属大学: 日本女子大学 文学部 英文学科
留学先大学: ハワイ大学ヒロ校 (アメリカ)
留学タイプ: 1年間 (学部授業履修プログラム)
留学期間: 2014年8月~2015年5月
留学時の学年: 3年生

留学しようと思った理由

小さい頃から留学してみたいという想いがありました。直接のきっかけは、1年生の春にオーストラリアで1ヶ月短期留学したことです。オーストラリアの多人種・多文化な社会を知りました。ただ、1ヶ月というのは、その土地の人々や文化を知るには短かったので、より長く滞在しより深く学びたいと考え、1年間の留学を決意しました。具体的に、ハワイ大学ヒロ校に決めた理由は、①多人種・多文化であること ②私の専攻である言語学が有名であること ③少人数制の授業が受けられること ④ハワイには日系人が多く、私の副専攻である日本語教育が盛んであるので、海外での日本語教育を学びたかったことからです。


yuuka_torama 現地の生活

ハワイ大学ヒロ校はハワイ島のヒロという町にある大学です。ホノルルがあるオアフ島とは違い、観光客はほとんどおらず、高層ビルが1つもない町でした。都市でしか生活したことのない私にとって、ヒロでの暮らしは楽しかったです。ハワイ島は自然豊かな島で、休日には、亀や熱帯魚が泳ぐ海で泳いだり、山でハイキングしたりと、自然を満喫しました。
私の留学プランは、大学近くのアパートで自炊をするプランでした。初めての一人暮らしだったので、特に食べ物が心配でしたが、ヒロには日系人が多いため、スーパーには日本食がたくさん売っており、自分で日本食を作っていました。それから、アパートが広かったので、よく友達を20人ほど誘い、食べ物は持ち寄りでホームパーティーをしていました。


留学生活

1年の留学中にTESOL(英語教授法)という資格を取得しました。ハワイ大学ヒロ校では通常、この資格の取得に最低1年半以上かかる資格ですが、どうしてもTESOLの勉強がしたかったので、TESOLの教授に会いに行き、直接交渉した結果、留学生として初めてTESOLを取得できるようにしていただきました。
海外の大学というのは、日本の大学に比べ、比較的柔軟に対応してくれるので、受講したいけど、prerequisiteが必要だから受講できないといった場合も、あきらめず、教授に直接もしくはメールで交渉してみると案外受け入れてもらえることも多いです。


yuuka_torama 留学を考えている方へ

いまいちど、自身が留学したい理由を書き出してみてください。そして留学に関する情報を集めてみてください。費用、成績、TOEFLやIELTSのスコア、卒業時期がずれてしまうかもしれない、就活は大丈夫か、どの留学プランがベストだろうか、まず親を説得しなければと、留学を考えるうえで、悩むことはたくさんあります。それでも、大学時代に1年間留学することが、自分の将来にとってきっとプラスであると思ったなら、自分を信じてぜひチャレンジしてみてほしいです。実際に私は留学できて本当によかったと思っています。留学して、価値観が変わりましたし、自身の視野や可能性も大きく広がったと確信しています。留学について不安なことや、わからないことがあれば、一度SAFの人に相談してみるのもいいと思います。アドバイスをもらえ、留学への道が近づくと思います。


留学が決まった方へ

おめでとうございます!留学中は何事にもアンテナを張り、積極的に行動するよう心がけると、たくさんのことが経験できると思います。留学前は不安なこともあるかと思いますが、行ってしまえばどうにかなるので、きっと大丈夫です。しかし、留学前に英語の勉強がおろそかになってしまったことが私の反省点です。日常会話で使えるフレーズを暗記するなど、英語の勉強は事前にしておくことをお勧めします。留学先で英語が話せれば話せるほど充実した留学生活が送れる可能性が高くなると思います。みなさんの留学生活が実り多きものとなるよう願っています!!

yuuka_torama


 
   
Last Updated: 9/17/15