カリフォルニア大学バークレー校(生物化学) 学部授業履修プログラム

アカデミック
THE(世界トップ大学)10位
授業形式:
対面
期間:
複数ターム, 1学期

プログラムについて

1868年に設立され、カリフォルニア大学の10の研究機関のうち最も長い歴史を持つバークレー校は、革新的な思考、最高品質の研究、そして何よりも公共への奉仕に重きを置いています。国内で最も高名な州立大学の1つであり、非常に熱心な学術関係者が卓越した研究に専念しています。また、この大学は、都会的で様々な姿を持つサンフランシスコ・ベイエリア大都市圏において、コミュニティ精神を重視しています。カリフォルニア大学バークレー校には、何か特別な魅力があります。

素晴らしいカリフォルニアの野外で、樹木が生い茂ったバークレー・ヒルズのトレイルを楽しみましょう

学生としての体験とコミュニティーで共に経験する楽しみを、キャンパスの仲間と分かち合いましょう

尊敬を集めるUCBで、統合・分子・細胞生物学を極めましょう

生物科学専門課程はハードですが、やりがいがあります

学生アドバイザー

Saffy冬
SAFFY
学生カウンセラーはあなたの海外留学アンバサダーであり、サポーターです。海外留学をしたいあなたを傍らで支え、出願をサポートします。現在、出願の各段階をご案内して必要な書類をお知らせし、入学許可の結果が出たら通知を行い、履修登録や到着前テストの実施など次のステップをご案内しています。
個別相談の予約

概要

教授言語
英語
語学要件
上級
推奨GPA(下回っても交渉可能な場合あり):
3.00
学術レベル
学部
注目の学部・学科
生物科学、物理科学, 化学, ビジネス、経済、金融, コンピュータサイエンス, 工学
滞在先
アパート
単位
12 units

健康で安全なSAFでの留学

WHAT STUDENTS SAY

Former SAF Scholar

留学体験を豊かにするのに一番いいのはレベルの高い大学を選ぶことだと思ったので、この大学に来ることに決めました。

University of California, Berkeley SAF Alumni

カリフォルニア大学バークレー校_C024

留学先大学について

カリフォルニア大学バークレー校

カリフォルニア大学バークレー校には特別な魅力があります。全米屈指の名門州立大学であり、言論の自由運動の本拠地であり、学生運動も盛ん。卓越した学問を追求する意欲的な学生たちが集い、都会的で多彩なサンフランシスコ・ベイエリアの多様性とコミュニティを謳歌しています。

ここでのチャンスは無限です。キャンパス内だけでなく、森林に覆われたバークレー・ヒルズの小道や、カラフルなサンフランシスコの街並み、そしてカリフォルニアの大自然の中で、友達と共に素晴らしい大学生活に浸ってみてはいかがでしょうか。

詳細はカリフォルニア大学バークレー校公式ウェブサイトをご覧ください。

学問について

UCBの学問的な取組み

SAF学生の皆さんは、ランキングの上位に入っている統合生物学科および分子生物学・細胞生物学科の授業を取ることが認められています。カリフォルニア大学バークレー校の他の学生たちと共に履修登録を行い、著名な教員から教えやサポートを受けてください。教員の多くは、全米科学アカデミーの会員だったり、ハワード・ヒューズ医学研究所から資金提供を受けている研究者だったり、全米科学振興協会フェローだったりしますし、中にはノーベル賞受賞者までいます。

コースについて

学期の開始前に当校学部から連絡し、新学期に受講することが可能な授業リストをお知らせします。キャンパス到着前に履修登録を行い、学期開始前までに受講許可を得ることもできます。最初の学期には、大学の文化・社会的側面に重点を置いた、週1回の1単位の授業に履修登録しなければなりません。

 

授業や学科の制約

統合生物学、分子・細胞生物学部で12単位の授業履修が保証されていますが、受講に制約があることもあり、学期により変更になる可能性もあります。

開講される授業の例:

*授業は履修登録定員に制限があったり、時間割によって受講不能な場合もあります。

統合生物学部

  • B 77B 統合人類生物学
  • IB 101 科学ライティング入門
  • IB 102LFカリフォルニア植生入門(研究室)
  • IB 104LF 脊椎動物の自然史(研究室)
  • IB 113L 生態と進化に関する古代生物学
  • IB 114 感染症発生学
  • IB 132 人類生理学研究
  • IB 132L哺乳類生理学の実地研究
  • IB 138内分泌学比較研究
  • IB 140 人類生殖の生物学
  • IB 150 進化の環境生理学*
  • IB 151 植物生理生態学
  • IB 151L植物生理生態学の実地研究
  • IB 162生態遺伝学*
  • IB 167 進化と地球史:遺伝子から化石まで *
  • IB 169 医薬品の進化
  • IB 172 共進化:遺伝子からエコシステムまで
  • IB 175LF研究室による爬虫類学
  • IB 181L 古代植物学 - 50億年におよぶ惑星のグリーン化の歴史
  • IB C129L 人類生理学の評価
  • IB C143B ホルモンと行動
  • IB C171 淡水の生態
  • IB C176L 魚類の生態
  • IB C185L 人類古生物学*

分子・細胞生物学部:

  • 38 幹細胞生物学、倫理と社会的影響
  • 50 免疫システムと疾病
  • C61 脳、心と行動
  • C100A生物物理化学
  • 100B生化学:経路、メカニズムと規則
  • 102 生化学と分子生物学の原理に関する研究
  • C103細菌性病因
  • 104 遺伝学、ゲノミクス(ゲノムと遺伝子に関する研究)および細胞生物学
  • 110 分子生物学:巨大分子の合成と細胞機能
  • C110L 生化学と分子生物学ラボ
  • C112L微生物学ラボ
  • C114 ウイルス学比較研究入門
  • 118癌核型
  • 130 細胞生物学およびシステム生物学
  • C134染色体生物学/細胞遺伝学
  • 140一般遺伝学
  • 141発達生物学
  • C148微生物ゲノミクスと遺伝学
  • 149 ヒトゲノム
  • 150 分子免疫学
  • 150L 免疫学ラボ
  • 161 回路、システムと行動の神経システム
  • 165 分子神経生物学

学業やビザ要件など出願プロセスの確認

SAFの体系化されたプロセスは、目標に向けた適切なプログラムと大学の選択、効果的な出願の完了、出発の準備、留学の成功の手助けとなります。

留学時の学習計画をSAFカウンセラーと相談しよう

留学での学習目標は、学生によって異なります。出願準備をする際には、SAFカウンセラーが目標達成に向けた計画作りをお手伝いし、ステップごとにサポートします。

出願要件

留学先大学へ出願するには、留学先大学が設定した出願要件を満たす必要があります。
下記には、SAFの学部授業履修プログラム/語学力強化+学部授業履修プログラム/学部授業履修プログラム(語学科目付き)/コンカレントプログラム/アカデミック・インターンシップ・プログラムに出願するために必要な語学力を示したものです。語学力強化プログラムのみへの出願では、原則として語学力は問われませんが、一定の語学力が求められるプログラムもあります。
注)下記の語学要件は更新中のため、ご希望のプログラムの要件に関しては、必ず「SAF留学大学情報集」をご確認の上、SAF個別相談でご確認ください。
※記載の必要な語学力は予告なく変更される場合があります。
※留学先大学によって、TOEFL/IELTSの必要総合スコアを設けているとともに、各セクションの必要スコアを設けている場合があります。
※学部や専攻分野によって記載の基準より高い語学力を必要とする場合/各セクションの必要スコアを設けている場合があります。
※必要な語学力/GPAの他に、これまでの学習履歴などが出願要件に関わる場合があります。
※イギリス留学の場合は、留学期間によって認められる語学力試験が異なる場合があります。詳細は SAF 日本事務局までお問い合わせください。
※語学力強化+学部授業履修プログラムに参加する場合、出願時に記載のスコアの提出が必須、かつ学部授業履修プログラムに進むには、語学力強化プログラム在籍中の大学が定めた時期までに、学部授業履修に必要な語学力を満たす必要があります(※語学力強化プログラム在籍中のレベル及び成績も加味される大学もあります)。
  • Language Proficiency
  • Academics & GPA
  • Application Documents & Materials

Language Test Score Requirements

To prove your language proficiency, you can use any of the following:

  • CET4: 550 (Interview required)
  • CET6: 520 (Interview required)
  • IELTS: 7.0 TOEFL iBT: 90

Learn More About Language Requirements

出発時期・留学期間

SAFプログラムに出願する前に、出発時期及び留学期間を絞り込む必要があります。SAFのプログラムは、原則留学先大学の開講時期に合わせて設定されています。

以下に示す留学期間は大まかな予定であり、プログラム開始が近づくにつれて、SAFがより詳細な情報を提供します。ご不明な点がありましたら、SAFのアドバイザーにお問合せください。

Spring 2024 Academic

プログラム期間:
1月中旬 - 5月中旬
出願締切:(3週間前までに事前登録が必要)
プログラム費用(概算):
$
23,580

Fall 2024 Academic (Biosciences)

プログラム期間:
8月下旬 - 12月中旬
出願締切:(3週間前までに事前登録が必要)
プログラム費用(概算):
$
24,220

Fall 2024 Academic (Biosciences) + Spring 2025 Academic (Biosciences)

プログラム期間:
8月下旬 - 5月中旬
出願締切:(3週間前までに事前登録が必要)
プログラム費用(概算):
$
43,680

滞在先情報

カリフォルニア大学バークレー校_滞在先_1

キャンパス外アパートメント

SAFのプログラム費用にはキャンパス外の共同アパートが含まれています。現地の学生と一緒に共同生活を送り、共同キッチンで食事をしながら留学ファミリーを作りましょう!レジデンス棟には、フロントデスクやランドリーがある場合もあります。

*空き状況により、ご希望の滞在先を提供できない場合があります。滞在先に関する具体的な質問はSAFまでお問い合わせください。

学生の経験

View All Blogs

出願準備~帰国後

出発準備

出願後から出発までの期間には、出発に向けた具体的な準備について説明します。合格すると留学先大学から発行される受入許可書を受け取り、航空券や学生ビザ(査証)、保険の手配などを進めていきます。

出発直前

SAFは指定最寄空港から滞在先への移動手段の手配をします。また、現地での留学生活に慣れるための情報も出発前オリエンテーションにて提供します。

到着時

渡航中にトラブルが発生しても、安全に現地滞在先に到着できるようにSAF日本事務局及びアメリカ本部が連携して対応に当たります。

留学中

SAF学生が安心して留学生活を送れるよう、留学期間中は関係各所と連携したサポート体制がとられています。緊急連絡先などの詳細は出発前オリエンテーションにてご案内します。

帰国後

帰国後に就活ゼミ、SAF Alumni Association(同窓会)のイベントなど、自らの留学経験を活かしていくことを支援する機会を提供しています。

留学相談とサポート

留学までのプロセスは手に負えないものだとすぐに感じるかもしれませんが、我々には数十年に渡る実績がありますので、皆さんがプロセスを完了させられるように可能な限りあらゆるサポートをいたします。

SAFスタッフのほとんどが留学経験者であり、みなさんと同じプロセスを経験してきました。スタッフ自身の経験に基づき、SAFの総合的なサービスの各ステップで皆さんに助言とサポートを行います。我々はいつも皆さんの味方であり、すべてに対して事細かな気配りを行い、次に何が必要かをお伝えします。

個別相談を予約して、留学への第一歩を踏み出しましょう。純粋に単位取得が可能な学部授業履修コース、多様な語学力強化プログラムをお選びいただけますし、インターンシップ、リサーチプログラム、分野別短期研修もお探しいただけます。ご希望のコースがお決まりになりましたら、希望プログラムに応じてビザ、交通機関、滞在先のご案内を行います。

学業やビザ要件など出願プロセスの確認

SAFの体系化されたプロセスは、目標に向けた適切なプログラムと大学の選択、効果的な出願の完了、出発の準備、留学の成功の手助けとなります。

留学時の学習計画をSAFカウンセラーと相談しよう

留学での学習目標は、学生によって異なります。出願準備をする際には、SAFカウンセラーが目標達成に向けた計画作りをお手伝いし、ステップごとにサポートします。

よくある質問 (留学について)

よくある質問(学部授業履修・コンカレントプログラムについて)

学生ブログ

イベント情報

SAFで留学する理由

留学は忘れられない経験であり、皆さんのキャリア、人間関係、将来に影響を与え続けます。皆さん自身を定義づけるものとなるかもしれません。SAFのパートナーのいずれかの一流大学で、1セメスター、夏季、1年間に渡る単位取得可能な個別プログラムを構築し、在籍大学での学びを深めることができます。SAFは、1950年に設立された501(c)(3)非営利団体であるIES Abroadの一員です。

Girl Standing in Arch