ペンシルベニア大学 学部授業履修プログラム

アカデミック
THE(世界トップ大学)100位
授業形式:
対面
期間:
複数ターム, 1学期

プログラムについて

ベンジャミン・フランクリンが1740年に設立したペンシルベニア大学は、偉大さを目指して努力し、未来の世代のために最高の知性を生み出すという、アメリカ建国の父のビジョンを体現しています。35人を超えるノーベル賞受賞者を輩出し、世界のどの大学よりも多くのビリオネアを誕生させ、最も多くの卒業生がフォーチュン500に掲載された企業のCEOになっているこのアイビーリーグに属する大学で視野を広げませんか。

 

ウォーレン・バフェット、イーロン・マスク、ノーム・チョムスキーなど、最も聡明な頭脳の持ち主の母校です

ペンシルベニア大学の社会科学プログラムは国内ベスト10にランクされています

歴史的な都市、フィラデルフィアはアメリカ合衆国発祥の地です

国際的な影響力を持つ組織の未来のリーダーたちと繋がりをもちましょう

学生アドバイザー

Saffy冬
SAFFY
学生カウンセラーはあなたの海外留学アンバサダーであり、サポーターです。海外留学をしたいあなたを傍らで支え、出願をサポートします。現在、出願の各段階をご案内して必要な書類をお知らせし、入学許可の結果が出たら通知を行い、履修登録や到着前テストの実施など次のステップをご案内しています。
個別相談の予約

概要

教授言語
英語
語学要件
上級
推奨GPA(下回っても交渉可能な場合あり):
3.30
学術レベル
学部
注目の学部・学科
ビジネス、経済、金融, 国際ビジネス, 金融, コミュニケーション、メディア、マーケティング
滞在先
学生寮
単位
16 credits

健康で安全なSAFでの留学

WHAT STUDENTS SAY

Shina Lee

授業では皆熱心で、質問をするために手を挙げたり教授たちと意見交換をしたりしていました。授業の予習として、そして会話に加われるようにするために、指定されたリーディングを毎週済ませておくのはとても大事です。

University of Pennsylvania SAF Alumni

Shina_Lee_student_57

留学先大学について

ペンシルベニア大学

1740年にベンジャミン・フランクリンによって設立されたペンシルベニア大学は、「偉大な成果を生み出し、次世代の優秀な者たちを教育する学校になる」という建国の父の大志を受け継いでいます。
本大学は、経済学者のローレンス・クラインや物理学者のレイモンド・デイビス・ジュニアを含む25名を超えるノーベル賞受賞者や多くの国家元首を輩出しています。本大学の芸術、科学のプログラムは国内で上位10位に入り、卒業生の未来は世界でも特に輝かしいものとなっています。億万長者になった人の数は世界の他のどの大学よりも多く、フォーチュン500企業のCEOになった卒業生の数でも上位に入っています。

ペンシルバニア大学公式ウェブサイト

学問について

UPennの学問的な取組み

ペンシルベニア大学が目指すのは、雇用する側の人々が最も高く評価する知識とスキルを、学生の皆さんに身に付けてもらうことです。皆さんには、このアイビーリーグの学校で、幅広い範囲にわたる授業を取る資格があります。具体的には、ビジネスの学部である名高いウォートン・スクール、工学・応用科学部、教養・生涯教育学部(LPS)の授業が取れます。このプログラムに出願する学生は、難解な授業についていける実力を持ち、授業の選択について柔軟であることが求められます。

コースについて

事前に履修登録を行います。少なくとも2科目は、教養学部、つまりLPS(教養専門学部)の科目を選択しなければなりません。残りの2科目は、受講可能な学部(ウォートン校または工学部)の科目も選択できます。

まず、ご自身が選んだ大学の学部授業履修アドバイザーとの学部授業履修アドバイスセッションを設定します。次に、大学がオンラインポータル(PennInTouch)を開設すると、履修登録ができるようになります。このポータルサイトを利用することで、履修登録期間中にご自身で科目を追加したり削除したりすることができます。この手続きについては、受け入れ決定後に詳細の説明をお送りします。

学生アカウントの登録保留を避けるため、できるだけ早く予防接種履歴フォームを提出しなければなりません。登録保留になると履修登録の手続きが遅れます。

授業や学科の制約

生化学、バイオテクノロジー、電気通信の科目は人気があるため、履修できないことがあります。そのため他の科目の候補を検討しておいて下さい。看護学部の科目は選択できません。

ペンシルバニア大学建築学部は大学院です。そのため留学生が受講できる科目はほとんどありません。受講可能な科目は、多く場合、学部の受講許可を要したり受講条件が設定されたりしています。

科目によっては、教員の許可や受講要件の証明が必要な場合があります。これについては、履修登録の前に行われるペンシルバニア大学のアドバイスセッションでご説明します。

学業やビザ要件など出願プロセスの確認

SAFの体系化されたプロセスは、目標に向けた適切なプログラムと大学の選択、効果的な出願の完了、出発の準備、留学の成功の手助けとなります。

留学時の学習計画をSAFカウンセラーと相談しよう

留学での学習目標は、学生によって異なります。出願準備をする際には、SAFカウンセラーが目標達成に向けた計画作りをお手伝いし、ステップごとにサポートします。

出願要件

留学先大学へ出願するには、留学先大学が設定した出願要件を満たす必要があります。下記には、SAFの学部授業履修プログラム/語学力強化+学部授業履修プログラム/学部授業履修プログラム(語学科目付き)/コンカレントプログラム/アカデミック・インターンシップ・プログラムに出願するために必要な語学力を示したものです。語学力強化プログラムのみへの出願では、原則として語学力は問われませんが、一定の語学力が求められるプログラムもあります。
※記載の必要な語学力は予告なく変更される場合があります。
※留学先大学によって、TOEFL/IELTSの必要総合スコアを設けているとともに、各セクションの必要スコアを設けている場合があります。
※学部や専攻分野によって記載の基準より高い語学力を必要とする場合/各セクションの必要スコアを設けている場合があります。
※必要な語学力/GPAの他に、これまでの学習履歴などが出願要件に関わる場合があります。
※イギリス留学の場合は、留学期間によって認められる語学力試験が異なる場合があります。詳細はSAF 日本事務局までお問い合わせください。
※語学力強化+学部授業履修プログラムに参加する場合、出願時に記載のスコアの提出が必須、かつ学部授業履修プログラムに進むには、語学力強化プログラム在籍中の大学が定めた時期までに、学部授業履修に必要な語学力を満たす必要があります(※語学力強化プログラム在籍中のレベル及び成績も加味される大学もあります)。
  • 必要な語学力
  • 必要なGPAについて
  • 出願書類(参考)

必要な語学力

TOEFL iBT: 100 以上(各セクション23 以上)
IELTS: 7.0 以上(各セクション6.5 以上)
Duolingo: 120 以上

SAFの語学要件について

出発時期・留学期間

SAFプログラムに出願する前に、出発時期及び留学期間を絞り込む必要があります。SAFのプログラムは、原則留学先大学の開講時期に合わせて設定されています。

以下に示す留学期間は大まかな予定であり、プログラム開始が近づくにつれて、SAFがより詳細な情報を提供します。ご不明な点がありましたら、SAFのアドバイザーにお問合せください。

Spring 2024 Academic

プログラム期間:
1月中旬 - 5月中旬
出願締切:(3週間前までに事前登録が必要)
プログラム費用(概算):
$
41,320

Fall 2024 Academic

プログラム期間:
9月上旬 - 12月中旬
出願締切:(3週間前までに事前登録が必要)
プログラム費用(概算):
$
42,380

Fall 2024 Academic + Spring 2025

プログラム期間:
9月上旬 - 5月中旬
出願締切:(3週間前までに事前登録が必要)
プログラム費用(概算):
$
80,620

滞在先情報

ペンシルベニア大学_C11

キャンパス内学生寮

SAFのプログラム費用には、キャンパス内にあるルームメイトとの共同宿泊が含まれています。一部の宿泊施設には共同学習スペースやアクティビティーセンターがあり、アメリカ人学生と知り合うことができます。

*空き状況により、ご希望の滞在先を提供できない場合があります。滞在先に関する具体的な質問はSAFまでお問い合わせください。

出願準備~帰国後

出発準備

出願後から出発までの期間には、出発に向けた具体的な準備について説明します。合格すると留学先大学から発行される受入許可書を受け取り、航空券や学生ビザ(査証)、保険の手配などを進めていきます。

出発直前

SAFは指定最寄空港から滞在先への移動手段の手配をします。また、現地での留学生活に慣れるための情報も出発前オリエンテーションにて提供します。

到着時

渡航中にトラブルが発生しても、安全に現地滞在先に到着できるようにSAF日本事務局及びアメリカ本部が連携して対応に当たります。

留学中

SAF学生が安心して留学生活を送れるよう、留学期間中は関係各所と連携したサポート体制がとられています。緊急連絡先などの詳細は出発前オリエンテーションにてご案内します。

帰国後

帰国後に就活ゼミ、SAF Alumni Association(同窓会)のイベントなど、自らの留学経験を活かしていくことを支援する機会を提供しています。

留学相談とサポート

留学までのプロセスは手に負えないものだとすぐに感じるかもしれませんが、我々には数十年に渡る実績がありますので、皆さんがプロセスを完了させられるように可能な限りあらゆるサポートをいたします。

SAFスタッフのほとんどが留学経験者であり、みなさんと同じプロセスを経験してきました。スタッフ自身の経験に基づき、SAFの総合的なサービスの各ステップで皆さんに助言とサポートを行います。我々はいつも皆さんの味方であり、すべてに対して事細かな気配りを行い、次に何が必要かをお伝えします。

個別相談を予約して、留学への第一歩を踏み出しましょう。純粋に単位取得が可能な学部授業履修コース、多様な語学力強化プログラムをお選びいただけますし、インターンシップ、リサーチプログラム、分野別短期研修もお探しいただけます。ご希望のコースがお決まりになりましたら、希望プログラムに応じてビザ、交通機関、滞在先のご案内を行います。

学業やビザ要件など出願プロセスの確認

SAFの体系化されたプロセスは、目標に向けた適切なプログラムと大学の選択、効果的な出願の完了、出発の準備、留学の成功の手助けとなります。

留学時の学習計画をSAFカウンセラーと相談しよう

留学での学習目標は、学生によって異なります。出願準備をする際には、SAFカウンセラーが目標達成に向けた計画作りをお手伝いし、ステップごとにサポートします。

よくある質問 (留学について)

よくある質問(学部授業履修・コンカレントプログラムについて)

学生ブログ

イベント情報

SAFで留学する理由

留学は忘れられない経験であり、皆さんのキャリア、人間関係、将来に影響を与え続けます。皆さん自身を定義づけるものとなるかもしれません。SAFのパートナーのいずれかの一流大学で、1セメスター、夏季、1年間に渡る単位取得可能な個別プログラムを構築し、在籍大学での学びを深めることができます。SAFは、1950年に設立された501(c)(3)非営利団体であるIES Abroadの一員です。

Girl Standing in Arch