米国非営利教育財団 SAFスタディ・アブロード・ファウンデーション
Contact Us | Student Login | SAF認定留学 | 留学相談・お問い合わせ

イギリス
For Students
SAF参加学生の体験談
SAF Seminars/Events
SAF Newsletters

 

奨学金について

留学資金を調達する方法として、留学奨学金への応募という選択肢があります。下記に挙げられた制度のほかにも、在籍する大学または学部や学科、地方自治体や地方公共団体、財団法人などで奨学金を設けている場合があります。該当する大学内窓口や地方自治体の役所、インターネットなどを利用して情報を獲得しましょう。
出願時(留学の約5ヶ月前)に留学総費用を証明する英文残高証明書を提出必要がありますので、早めに調べて準備を始めましょう。
トビタテ!留学JAPAN

20143年10月にスタート開始した官民協働文部科学省による留学促進キャンペーン。官民共働によるグローバル人材育成への取り組みで、返済不要の奨学金制度です。詳細は文部科学省「トビタテ!留学JAPANホームページ」をご参照ください。
SAFでは第1期より、SAF留学でトビタテ!留学JAPANへの応募を検討される学生を応援しています。(第1~7期合格実績21名)詳しくはSAFで実施している説明会や個別相談にご参加ください。
トビタテ!留学JAPANへの応募は、学生の方がご自身で在籍大学の窓口を通して行います。学内締切や必要書類等は各自お早めにご確認ください。

独立行政法人 日本学生支援機構(JASSO)

高等教育で学ぶ学生たちのために、学資の貸与、留学生交流の促進支援、大学等が行なう学生支援のサポート等、様々な学生支援事業を展開しています。詳細はJASSOホームページをご参照ください。海外留学奨学金検索サイトはこちら

UCL-SAF 長州五傑150周年記念 海外留学奨学金

幕末に長州藩士5名の若者(長州五傑: 井上 多聞 / 遠藤 謹助 / 野村 弥吉 / 伊藤 博文 / 山尾 庸三)がUCL(University College London)へ留学をしてから2013年で150周年を迎えたことをを記念して始まった奨学金です。UCLおよびSAFでは、SAFネットワーク大学に在籍する大学生でUCLへの留学を希望している学生を対象として募集を行います。本奨学金は、150年前にUCLヘ留学をした長州五傑のように、グローバルな現代において日本と英国、そして国際社会に対して貢献できる人材を育成することを目的として提供されます。

米日カウンシル 渡邉利三寄付奨学金

渡邉利三寄付奨学金は、1学期間または1年間の、米国または日本への留学を希望する大学生・大学院生に給付される財政援助です。渡邉利三財団の渡邉利三会長が米日カウンシルに寄贈した1,000万ドルの寛大な寄付金を資金源とし、財政援助がなければ留学ができない学生に奨学金を給付いたします。
本奨学金では、申請者が選択した交換留学プログラムの参加費用を最大全額給付します。給付額は、申請者の経済状況および他の資格に基づいて決定されます。詳細は米日カウンシルホームページをご参照ください。

   
Last Updated: 11/29/17