米国非営利教育財団 SAFスタディ・アブロード・ファウンデーション
Contact Us | Student Login | SAF認定留学 | 留学相談・お問い合わせ

イギリス
For Students
SAF参加学生の体験談
SAF Seminars/Events
SAF Newsletters

 

SAF留学プログラム紹介

SAFでは1学期間から1年間の留学プログラムを提供しており、学生はアメリカ、カナダ、イギリス、アイルランド、オーストラリア、ニュージーランド、フランス、ドイツ、スペインの大学から留学先を選ぶことができます。現在、下記の留学プログラムを実施しています。
学部授業履修プログラム

現地の学生と一緒に授業に参加し、専門知識を身に付けるプログラムです。日本では学ぶことのできない様々な科目も含めて、自分の興味のある授業を選ぶことが可能です。

語学力強化プログラム

大学付属の語学学校で、語学の基礎技能を学ぶプログラムです。4〜6のレベル別のクラスでReading・Listening・Speaking・Writingの4技能をバランスよく伸ばすことが可能です。

語学力強化+学部授業履修プログラム

前半は大学付属の語学学校で語学力の強化、後半は現地の学生と共に授業を受けるプログラムです。初めの1学期間で語学力をバランス良く伸ばすことによって、学部の授業に自信を持って参加することができます。

コンカレントプログラム

大学付属の語学学校で語学力を強化しながら、学部の授業も1〜3科目履修することができるプログラムです。1学期間の留学であっても、語学力の強化と授業履修の両方を同時にできるのが特徴です。

アカデミック・インターンシップ・プログラム

大学で授業を受けながら、インターンシップもできるプログラムです。将来国際舞台で活躍するための経験・スキルを得ることができるので、就職活動を意識した留学が可能です。

SAFサマーセッション短期留学

SAFサマーセッション短期留学は、アメリカやイギリスの大学のサマーセッションに参加できるプログラムです。6月~9月の期間の中で3週間~12週間のプログラムに参加することができ、8月~9月に開催されるプログラムもあるので、日本の大学を休まずに夏休みの期間を利用して留学することもできます。
英語圏以外の留学生同士で勉強する語学のクラスや文化体験が中心の短期留学ではなく、SAFサマーセッション短期留学のほとんどは留学先国の大学生と一緒に授業を受けることができるため、現地の学生と幅広く交流することができます。

※留学に必要なGPAについて※

欧米の大学では日本の大学のような入試制度がない代わりに、入学要件として語学要件などの他に、過去の学業成績が審査の基準のひとつとして考えられています。「2018-2019年度SAF大学留学 1学期・1年間留学の手引き」に示されたGPA要件は、各大学が世界中からの留学生を学部授業履修プログラムに受け入れる際に必要な基準として決定し、公表している数値です。
GPAの算出方法や考え方は、国や大学によって異なるため、手引き記載のGPAを満たしていなくても、日本の在籍大学でのGPAが2.0以上の方であれば参加できる学部授業履修プログラムおよび語学力強化+学部授業履修プログラムもあります。詳細は必ず個別相談にてご確認ください。

全てのSAFプログラムにて、出発前・留学中・帰国後の各段階において、学生1人1人に対して適切な学術面でのアドバイス、ならびに必要なサポートを提供しています。
 
 
   
Last Updated: 2/26/18