米国非営利教育財団 SAFスタディ・アブロード・ファウンデーション
Contact Us | Student Login | SAF認定留学 | 留学相談・お問い合わせ

イギリス
SAF Programs
SAF参加学生の体験談
SAF Seminars/Events
SAF Newsletters

 

SAF国際キャリア開発プログラム(ロンドン/ニューヨーク 春短期4週間)
2014年2月16日~3月16日
※このプログラムは、SAFメンバー大学に在籍している学生対象です。

SAF国際キャリア開発プログラム(ロンドン/ニューヨーク 春短期4週間)ご案内(その1)(PDF)
SAF国際キャリア開発プログラム(ロンドン/ニューヨーク 春短期4週間)ご案内(その2)(PDF)

◆申込方法はこちら◆  

※最終追加説明会 11月19日(火) 18:30-19:30   ◆予約はこちら◆

================================================
【お知らせ】TOEFL ITP/TOEIC IPスコアの受付およびSAF日本事務局でのTOEFL ITP受験の機会について

TOEFL iBT / TOEIC公開テストのスコアの他、TOEFL ITP/TOEIC IPスコアも正式に出願資格として認めることになりました。必要なスコアは次の通りです:

Aコース: TOEFL ITP 540/TOEIC IP 700
Bコース: TOEFL ITP 520/TOEIC IP 600

そこで、英語力診断テストのスコアがない学生、Bコースに参加するためのスコアを満たしていない学生もしくはBコースの出願基準を満たしているがAコースを目指したい学生を対象に、SAF日本事務局にてTOEFL ITPの試験を行います。当試験の結果は出願に必要な語学力の証明として使うことが可能です。希望の学生は、「TOEFL ITP受験申込書」をダウンロードし必要事項を確認のうえ、プログラム申込書類と一緒に提出してください。

出願書類の正式な締め切りは11月22日(金)ですが、スコアの追加提出をしたい場合は、上記のSAF日本事務局にてのTOEFL ITPを受験するか、別の公開テストもしくはITP/IPテスト受験の上、スコアレポートのコピーを12月13日(金)必着でSAF日本事務局に提出してください。追加提出を希望する学生は必ず、願書提出時にその旨を伝えてください。
================================================

【本プログラムのねらい】
2014年春、SAFスタディ・アブロード・ファウンデーションではロンドンとニューヨークの2つの都市で、グローバル人材育成を目的とした「国際キャリア開発プログラム」を開催します。多方面において急速にグローバル化が進む現代では、国や文化をまたぎ社会で活躍する人材(=グローバル人材)が不可欠だと言われています。
このプログラムでは、①国際的なキャリアに関する知識とスキルを高める「キャリア開発ワークショップ」、②留学先の国の文化とビジネス慣習を学ぶための「文化とビジネス」、③国際的に活躍する人材へと成長するために必要な「異文化コミュニケーション」の3つのアカデミック科目を履修します。また、授業と関連したフィールドトリップが多く含まれているのが特徴です。春季休暇の4週間という短期間に、語学力を高めながら将来国際社会で必要となる知識と経験を得ることで、グローバル人材としての第一歩を踏み出しましょう。

ICDP London ICDP New York
【「春短期4週間プログラム」説明会スケジュール】
説明会日程: 2013年10月5日(土)14:30~15:45
2013年11月5日(火)18:30~19:30
2013年11月12日(火)18:30~19:30
2013年11月19日(火)18:30~19:30
※いずれか必ず1回参加してください。
※遠方の学生は、電話もしくはスカイプで個別相談ができます。お問い合わせください
SAF日本事務局
★予約はこちら
出願締切日: 2013年11月22日(金)必着
Japan研修I:
※参加必須
2013年12月21日(土) 9:00~16:00
於 国立オリンピック記念青少年総合センター
※遠方の学生は、別の方法で情報提供・留学準備をいたします。
※留学に必要な学生ビザ、航空券、留学保険などの手配に関する重要なご案内があります。
出発前オリエンテーション:
※参加必須
出発の約1週間前
SAF日本事務局
出発日: 2014年2月16日(日)
現地プログラム参加: 於 ロンドンまたはニューヨーク
帰国日: 2014年3月15日(土)※日本翌日着
Japan研修II:
※参加必須
2014年3月24日(月)
於 国立オリンピック記念青少年総合センター
※遠方の学生は、別の方法で情報シェアをします。

【Japan研修 I/Japan研修 II の内容について】
Japan研修 I
Japan研修Ⅰでは、このプログラムをより実り多いものにするために、ロンドン、ニューヨークへそれぞれ行く前に、「国際キャリア開発ワークショップ」「文化とビジネス」「異文化コミュニケーション」という3つのアカデミック科目を意識しながら、日本のことを知り、現地のクラスに貢献できるような知識やスキルを学びます。現地の優秀な教授陣がおこなう専門的で実践的な欧米の授業形態にスムーズに参加できるよう、学生主体のワークショップを基本として、ロンドン、ニューヨーク両地域へ出発する学生全員で研修します。その中で留学までに学習しておくべきことや現地で何を学びたいかを、参加者それぞれが明確にすることを目的としています。

Japan研修 II
Japan研修Ⅱは帰国後に実施します。この研修では、Japan研修Ⅰで学んだことと、ロンドン、ニューヨークそれぞれの地域で得た知識や経験を報告し合うことで、日本、ヨーロッパ、北米の3都市の文化やビジネス慣習などを共有します。多角的な視点を持つことで、このプログラムで得た経験や知識を、今後どのように自らのキャリア形成に役立てることができるのか、または、どのように今後の学習に活かしていくのかを考えます。Japan研修Ⅰから、このJapan研修Ⅱまで、すべて「国際キャリア開発プログラム」の大切な期間です。プログラム参加後の自己評価も含めて総まとめとなります。

【プログラム内容: ニューヨーク】
出願基準
◆語学力
 Aコース: TOEFL iBT 71/IELTS 6.0/TOEIC公開テスト 700
      (またはTOEFL ITP 540 / TOEIC IP 700)
 Bコース: TOEFL iBT 61/IELTS 5.5/TOEIC公開テスト 600
      (またはTOEFL ITP 520 / TOEIC IP 600)
 ※出願締切日までに英語力診断テストのスコアを持っていない学生は、2013年12月13日(金)までに必ずスコアレポートを提出できるようにしてください。また、2013年11月30日(土)にSAF日本事務局にてTOEFL ITPテストを実施します。詳細は、プログラム申込方法のページを確認してください。
◆GPA
 2.5以上 ※GPA 2.5 に満たない学生は SAF 日本事務局までお問い合わせください。

コース内容
◆アカデミックコース
 ・The World of Work-Careers Workshop (国際キャリア開発ワークショップ)
 ・Cross-Cultural Communication for Business (異文化コミュニケーション)
 ・New York City-Commercial and Cultural Capital (商業および文化都市としてのニューヨーク) ※Aコース対象
  ★コース内容の詳細(1週目~4週目)はこちら
◆英語力強化コース
 ・Business English (ビジネス英語) ※Bコース対象

フィールドトリップ
あくまでも訪問先の候補です。7~10種類のフィールドトリップが予想されます  
◆博物館等での講演やツアー
 ・博物館の開発/マーケティング担当者による講演
 ・ニューヨーク都市技術革新センターへの訪問
◆ボランティアやワークショップ
 ・ニューヨーク・ファッション・ウィークでの裏方ボランティア
 ・ニューヨーク連邦準備銀行でのワークショップ
◆非営利機関への訪問
 ・日本商工会議所への訪問
 ・アメリカ合衆国商務省の商業サービス課での講演
 ・ニューヨーク市役所での国際問題に関する講演
◆企業訪問
 ・Brainscapeなどのグローバルサービス企業への訪問
 ・Aperian GlobalやOmerta Groupなどのグローバル人材派遣&研修企業への訪問
 ・METRO New Yorkなどメディア会社への訪問
◆その他
 ・DUMBO Start Up Lab のツアーや講演
 ・ニューヨークの大学院訪問
 ・ブルックリンやソーホーなどへの市内観光

授業時間数/評価方法
ドレクセル大学より単位が付与され、成績証明書が発行されます
◆New York City: Commercial and Cultural Capital
 授業時間数:2時間×8回 (16時間)/1単位*
 評価方法:
  エッセイ-40%
  プレゼンテーション-40%
  出席と授業への参加貢献-20%
◆Cross-Cultural Communication for Business
 授業時間数:2時間×8回 (16時間)/1単位*
 評価方法:
  ライティング課題-40%
  プレゼンテーション-20%
  文献分析-20%
  出席と授業への参加貢献-20%
◆The World of Work: Careers Workshop
 授業時間数:2時間×8回 (16時間)/1単位*
 評価方法:
  レジュメやその他の就職活動に必要な書類作成-40%
  文献分析とエッセイ-30%
  模擬面接-10%
  出席と授業への参加貢献-20%

【プログラム内容: ロンドン】
出願基準
◆語学力
Aコース: TOEFL iBT 71/IELTS 6.0/TOEIC公開テスト 700
      (またはTOEFL ITP 540 / TOEIC IP 700)
 Bコース: TOEFL iBT 61/IELTS 5.5/TOEIC公開テスト 600
      (またはTOEFL ITP 520 / TOEIC IP 600)
 ※出願締切日までに英語力診断テストのスコアを持っていない学生は、2013年12月13日(金)までに必ずスコアレポートを提出できるようにしてください。また、2013年11月30日(土)にSAF日本事務局にてTOEFL ITPテストを実施します。詳細は、プログラム申込方法のページを確認してください。
◆GPA
 2.5以上 ※GPA 2.5 に満たない学生は SAF 日本事務局までお問い合わせください。

コース内容
◆アカデミックコース
 ・International Careers Workshop (国際キャリア開発ワークショップ)
 ・Cross-Cultural Communication for Business (異文化コミュニケーション)
 ・British Life and Business (ブリティッシュ・ライフとビジネス) ※Aコース対象
  ★コース内容の詳細(1週目~4週目)はこちら
◆英語力強化コース
 ・Business English (ビジネス英語) ※Bコース対象

フィールドトリップ
 ・ロンドン市内見学
 ・オックスフォード/ケンブリッジ見学
 ・イングランド銀行見学
 ・英国金融街見学
 ・国会議事堂見学
 ・ブルームバーグ見学
 ・広告・ブランド・パッケージ博物館見学
 ・Fuller'sビール工場見学
 ・チェルシーFCホームスタジアム見学
2012年度の実施内容のため、変更される場合があります

授業時間数/評価方法
ドレクセル大学より単位が付与され、成績証明書が発行されます
◆British Life and Business
 授業時間数:2時間×8回 (16時間)/1単位*
 評価方法:
  出席と授業への参加貢献-20%
  ミニプレゼンテーション-20%
  中間テスト-30%
  期末テスト-30%
◆Cross-Cultural Communication for Business
 授業時間数:2時間×8回 (16時間)/1単位*
 評価方法:
  出席と授業への参加貢献-20%
  文化体験に関するブログ-20%
  英国での就職希望者のためのガイドブック作成-30%
  期末テスト-30% 
◆International Careers Workshop
 授業時間数:2時間×8回 (16時間)/1単位*
 評価方法:
  出席と授業への参加貢献-20%
  CVおよびカバーレター作成-30%
  模擬面接-20%
  自分自身のキャリア構築計画-30%

【費用について】
SAF国際キャリア開発プログラム(ロンドン/ニューヨーク 春短期4週間)ご案内(その1)(PDF)参照
SAF国際キャリア開発プログラム(ロンドン/ニューヨーク 春短期4週間)ご案内(その2)(PDF)参照

【申込みの流れ】
① プログラム説明会へ出席する
  ・日時 (いずれか必ず1回参加してください。  遠方の学生は、電話もしくはスカイプで個別対応ができます。ご相談ください
    10月5日(土) 14:30~15:45
    11月5日(火) 18:30~19:30
    11月12日(火) 18:30~19:30
    11月19日(火) 18:30~19:30
    於 SAF日本事務局
     ★予約はこちら
② 申込書をダウンロードし、記入する
  ◆申込方法はこちら◆
③ 申込金(20,000円)を指定口座へ振り込む
④ その他の申込書類を揃え、申込書と併せてSAF日本事務局に送付する

【最少催行人数】
ロンドン/ニューヨーク 各プログラム10名

【お問合せ】
※お問い合わせはこちらのオンラインフォームにてWeb相談をお願いします。
   
Last Updated: 4/16/15