米国非営利教育財団 SAFスタディ・アブロード・ファウンデーション
Contact Us | Student Login | SAF認定留学 | 留学相談・お問い合わせ

イギリス
For Students
SAF参加学生の体験談
SAF Seminars/Events
SAF Newsletters

 

SAFサマーセッションプログラム参加学生の体験談

shinjiro_nakamura 氏名: 中村 真二郎(Shinjiro Nakamura)
所属大学: 慶應義塾大学 理工学部 機械工学科
留学先大学: カリフォルニア大学バークレー校 サマーセッション(アメリカ)
留学タイプ: サマーセッション10週間
留学期間: 2015年6月~8月
留学時の学年: 3年生

どうしてSAF海外大学サマーセッション短期留学に参加しようと思いましたか?
今後の自分の進路を考える上で、海外の大学の雰囲気、生徒のレベル、何ができるかなど実際に現地の大学で勉強し、肌で感じることが必要だと感じたからです。具体的には大学院でアメリカへ留学するか否かを判断するために情報が非常に欲しかったためです。

shinjiro_nakamura 履修科目名

Fluid Mechanics
Engineering mechanicsⅡ
Oral Presentation

印象に残っている授業や先生について教えてください。

Engineering MechanicsのOliver先生の授業が大変面白かったです。生徒の理解を十分に確認しながら授業を進行し、わからなければ質問する時間を十分に用意してくれました。また授業時間外にも質問にしっかりと対応してくださり、言語的に不安があってもしっかりと喰らいついていけば、十分に理解出来る授業でした。授業では豊富に映像を用い、机上の理論だけでなく、実世界にどのように応用されているかなど非常に詳しく教えてくださり、大変興味深かったです。質問に行った際に、日本人である私に対して、NHK教育テレビのピタゴラスイッチがいかに素晴らしいか力説されたことが非常に印象に残っています。


大学卒業後の進路に関する予定を教えてください。

慶應義塾大学理工学研究科開放環境科学専攻 応用力学・計算力学専修へ進学予定です。


このプログラムに参加して得たこと、またそれを将来どのように活かそうとしているかを教えてください。

今回のサマーセッションを通して、留学の目標であった、海外大学院で学ぶことの必要性に関して自分の中でしっかりと考えることができました。アメリカの大学において非常によいと感じた点はディスカッションにより考えが深められる点である一方で、学問の基礎を学ぶにあたってはそこまで優れていないというのが私の見解で、特に理工学分野においてはある程度研究が進んだ後に留学するべきであるという結論を自分の中で見つけることができました。また多様な人種やバックグラウンドの人間がいる中での日本人としての私の存在に関し深く考えさせられました。日本人を客観的に見ることができるようになり、世界の中の一国日本にいる私が、世界を見据えて今後どのように振舞っていくべきかを常に考えさせられるようになりました。

留学生活を通して強く印象に残ったことについて教えてください。

ちょうど誕生日であったため、寮の仲間たちがケーキを用意してくれ、お祝いをしてくれたのが非常に良い思い出です。特に、各国の「お誕生日おめでとう」を言うタイミングが国によって異なるというのがおもしろかったです。日本では祝うタイミングはそこまで気にされませんが、エジプトでは誕生日の前に祝うのが普通で、一方ドイツでは誕生日が来る前に祝ってしまうと幸せが逃げてしまうと言われており、誕生日の前にお祝いをするのは失礼であるそうです。

SAF海外大学サマーセッションに興味を持っている学生さんにメッセージをお願いします。

3ヶ月という短い期間の留学ではありますが、自分のやりたいこと、知りたいことを明確にした上でこのセッションが有意義だと思えるならば、是非参加してみてください。自身の留学における目標に非常に集中できる環境を得られると思います。

shinjiro_nakamura shinjiro_nakamura

 
   
Last Updated: 8/15/18