米国非営利教育財団 SAFスタディ・アブロード・ファウンデーション
Contact Us | Student Login | SAF認定留学TOP | 留学相談・お問合せ

イギリス
For Students
SAF参加学生の体験談
SAF Newsletters

 

SAF GA 第7生 - 2017 Spring
第8回現地レポート 01
金子 瞬大(Shundai KANEKO)
第8回現地レポート(2019年12月)


所属大学: 日本大学 商学部
留学先国: カナダ
留学先大学: ビクトリア大学
留学タイプ: 語学力強化プログラム
期間: 2019年4月〜2020年2月(一年間)
第8回現地レポート 02

時間が経つのは早く、私の留学生活も残り3ヶ月を切り、現地報告ができるのも、残り2回となりました。

12月に入り、ビクトリアではクリスマスに備えて、クリスマスツリーやイルミネーションを街中で頻繁に見かけるようになりました。それと同時に、ともに勉強してきた友人たちがそれぞれの国に帰ってしまい、寂しさを感じています。

3度目の「ELPI」という3ヶ月間のプログラムが終わりました。継続して努力した結果、90%を超える成績を残すことができ、自分自身の英語力の向上を実感することができました。今回の「ELPI」は、4月や8月の頃と比べ、自分の状況も含めかなり異なる環境で英語を学ぶことが出来ました。

第8回 現地レポート 03 第8回 現地レポート 04
1つ目は、南米人の割合が高く、それぞれ個性が強い彼らとコミュニケーションをとることが楽しかったです。さらに、サッカーへの熱が強く、毎週金曜日にあるスポーツアクティビティでは、お互い真剣勝負でした。

次に、私がアカデミッククラスを選択したことです。前回のレポートで述べたように、アカデミッククラスは海外の大学に進学を考えている学生が選択するクラスで、普通のクラスとはレベルが異なりました。授業開始当初は、他のクラスメイトの英語力と私の英語力を比較すると、明らかにレベルが劣っていると実感していました。逆にそのことにより、自分が今何をやるべきなのかが明確になり、勉強を進めやすかったです。ネガティブにならずに継続して勉強できたことによって今回の成績をとることができ、自分の自信にも繋がりました。

今回のELPIが終わり、新たな環境で少しでもホストファミリーとの交流を増やし、限られた時間を有効に使うために、ホストファミリーを変更しました。新しいホストファミリーとは、毎日一緒に海外ドラマを見たり、わからない表現の仕方やスラングなどを教えてもらい、前回のホストファミリーとはまた違う関係性を築くことができそうです。

ホストファミリーの親戚のパーティーや、近所のパーティーなどのクリスマスのお祝いモードが本格的に始まってきました。また、クリスマスが終わると、年越しニューヨークがあるので、思う存分楽しみたいと思います!!!!!!!!

第8回現地レポート 05 第8回現地レポート 06

>> 金子 瞬大 index
   
Last Updated: 1/21/20