米国非営利教育財団 SAFスタディ・アブロード・ファウンデーション
Contact Us | Student Login | SAF認定留学TOP | 留学相談・お問合せ

イギリス
For Students
SAF参加学生の体験談
SAF Newsletters

 

SAF GA 第7生 - 2017 Spring
有川 友菜 第3回 現地レポート 01
有川 友菜(Yuna ARIKAWA)
第3回 現地レポート(2019年6月)


所属大学: 駒澤大学 GMS学部
留学先国: アメリカ
留学先大学: アリゾナ州立大学
留学タイプ: 語学力強化+
学部授業履修プログラム
期間: 2019年3月〜2019年12月(一年間)
6月のアリゾナはついに40度を超え、まさに、「オーブンの中」といったような気候です。そんな中、今月は特に語学学校の宿題やテスト勉強、TOEFLの対策など、勉強に追われた生活を送っています。そこで、今回はASU(アリゾナ州立大学)の語学学校について詳しく紹介したいと思います。

まず、語学学校は6つにランクに分けられており、プレスメントテストによってレベル分けをされます。レベルは一学期間で一定の成績をとることができれば次の学期で一つ上のレベルに上がることができます。クラスは15人程度の少人数のクラスで、ASUの語学学校は主に中国や韓国、日本のアジアやアラブなどの中東のほうからきている生徒が多くみられます。日本人も現在40人ほどいますが、クラスの内訳を見るとほとんどのクラスは2~3人ほどでそれほど多いという印象はありません。
語学学校では三つの授業があり、リーディング・ライティング、リスニング・スピーキングの二つの科目と、コミュニケーション/アメリカンヒストリー/ビジネスマネジメントから一つ選択することができ、合計三科目の授業を取ることができます。ネイティブの教授なので聞きなれないアクセントもなく、わかりやすく教えてくれます。語学学校専用の建物があるわけではなく、いたるところのASUの教室で授業が行われます。ASUのキャンパスはとても広く、多くの日本ではよく見ない木やサボテンを見ることができます。一枚目と二枚目の写真はASUのキャンパス内で撮った写真です。日中はASU内を警察官が常に巡回しており、治安はとても良いですが、夜では3枚目の写真のように自転車が盗られてしまうことや、壊されてしまうということはよくあるようです。

アメリカに来て四か月ほどになりますが、多国籍の友達と学んだり、遊んだりして、様々な文化に触れながら、少しながらも英語能力の成長を感じることのできる日々に幸せを感じながら楽しく過ごしています。ついに来学期からはASUでの学部授業を受けることができるので、また違う刺激を得られることを楽しみに励んでいきたいと思います。

第3回 現地レポート 02 第3回 現地レポート 03

>> 有川 友菜 index
   
Last Updated: 9/9/19