米国非営利教育財団 SAFスタディ・アブロード・ファウンデーション
Contact Us | Student Login | SAF認定留学TOP | 留学相談・お問合せ

イギリス
For Students
SAF参加学生の体験談
SAF Newsletters

 

SAF GA 第6期生 - 2018 Fall
鈴木 智也 第8回現地レポート
鈴木 智也(Tomoya SUZUKI)
第8回 現地レポート(2019年6月)


所属大学: 日本大学 文理学部
留学先国: アメリカ
留学先大学: カリフォルニア大学大学 ロサンゼルス校
留学タイプ: 語学力強化プログラム
期間: 2018年10月〜2019年6月(一年間)
第8回 現地レポート 02 今月も早いもので、もう6月を折り返してしまいました。語学学校は卒業式が終わり、約2週間の休日に入りました。キャンパス内は人でにぎわっています。アメリカの新学期は10月からなので、僕の友達の何人かは母国に帰国しました。ジムで知り合った友達もほとんどは旅行で遠出したり、帰国しました。僕と一緒に来た人も何人かは先に帰国しました。僕は少しこちらに残りますが、別れるのはとても寂しいです。いつも一緒に出掛けたり語り合ったりしていた友達がどんどん帰って行ってしまうので心細いです。だんだんと近づいてくる帰国日は、待ち遠しい感じではなく、とても寂しいものです。それほどこちらでの生活が僕にあっていて充実していました。パルクールで知り合って一緒に練習していた友達ともお別れするのは非常につらいです。一日一日を大切に帰国日まで生活したいと思います。

今月の初めに期末テストと卒業式がありましたが、期末テストでもいい結果を残すことができ、無事3クオーターを経て卒業することができました。先生やクラスの友達と別れましたが、また会えることを願っています。9か月間お世話になった先生方とたくさん語り、とても楽しく終わることができました。まだ帰国までに時間があるのでもう一度会おうかと検討しています。英語力が抜けないよう日々外で積極的に人と会話し、小説を読んだり映画を観て勉強しています。

僕は、7月に帰国予定です。アメリカで7月4日(独立記念日)を過ごしたいという理由で帰国を延期しました。また今月の23日にパルクールチャンピオンシップの決勝戦があるので参加する予定です。また、帰国日までは準備やまだ訪れたことのない場所に行ったりする予定です。

第6回 現地レポート 02 たくさんの人々と出会い、触れ合い、パルクールで有名な人とも練習でき、本当に恵まれた場所だなと思います。新たな場所に行くと、新たな友人が増えコミュニティーも広がっていきました。人や天候にも恵まれすばらしい留学生活を送ることができました。学校だけでなく、外でもたくさん学ぶことができ、アメリカに来る以前よりは格段と語学力や積極性が増しました。日本にいるときでも英語を学ぶことができますが、やはり現地で文化に触れ実際に話すことは外国だけでしか体験できないことだと思います。YouTuberや何人かの人は「留学は必要ない、日本でも外国人はいるし、学ぶのに十分だ。」と言います。僕はそうは思いません。確かに日本でも外国人はいて、英語の勉強はできます。しかし、僕が日本で触れ合った外国人とこちらで出会った外国人とは全く違った面があるので、日本では絶対に経験することが出来ません。食文化・ビジネス・多国籍の人々などたくさんの異なる点があります。そのような点もとても興味深く面白いです。留学する価値は十分にあると思います。

最後になりましたが、今月を持ちまして僕の留学報告を終了とさせていただきます。毎月いろいろな報告をさせていただきましたが、思い出にふけることができて楽しく書かせていただきました。いつもお読みくださってありがとうございました。それでは失礼いたします。良い日をお過ごしください。ありがとうございました。

第8回 現地レポート 04 第8回 現地レポート 04

その他の写真はこちら

>> 鈴木 智也
   
Last Updated: 2/13/20