米国非営利教育財団 SAFスタディ・アブロード・ファウンデーション
Contact Us | Student Login | SAF認定留学TOP | 留学相談・お問合せ

イギリス
For Students
SAF参加学生の体験談
SAF Newsletters

 

SAF GA 第8期生 - 2018 Fall
御田 葵  第8回 現地レポート
御田 葵(Aoi ONDA)
第8回 現地レポート(2019年4月)


所属大学: 明治大学 国際日本学部
留学先国: アメリカ
留学先大学: ミネソタ大学
留学タイプ: 学部授業履修プログラム
期間: 2018年8月〜2019年5月(一年間)
第8回 現地レポート 02 帰国まで残すところあと一ヶ月を切り、これまでの八ヶ月間の留学生活を振り返って残された時間で何が出来るかを考えて行動した一ヶ月でした。勉強面では日本にいる時よりも楽しく、自ら学ぼうという意欲を持ちながら学問できている環境に感謝をし、日々図書館に通いました。出来る限りの知識を吸収することに努めながら期末に向けたテスト準備に取り組みました。映画撮影を課題として与えられる貴重な経験も最後となり、今学期はグループワークが減って自分単体での撮影が増え、仕事量も増えましたが現在二つの映画を並行して製作しています。気候が暖かくなり、一日だけ雪が降りましたが、ミネソタもようやく春を迎えました。暖かくなりサイクリングも解禁されて早速1ヶ月分のパスを購入し大学へ行く時に電車やバスの代わりに自転車での旅を楽しんでいますが、ミネソタらしさの「雪」を恋しく思うのも事実です。今月撮影を始めた自分の映画に幸運にも晴れと雪どちらの天気も含むことができ嬉しく思っています。レクリエーション面では、前セメスターに頑張ってミネソタ内の沢山の観光地を回った私ですが、行き残したところもまだあり、また春らしい気候になったからこそ出来ることも増え、週末にはあちらこちらに遠征しています。大学のあるミネアポリスからは車で一時間ほど離れたところにある小さな町「レッドウィング」にまで足を伸ばし、世界一大きなブーツと写真を撮って、穏やかな町並みを堪能しました。

>> 御田 葵 index
   
Last Updated: 7/2/19