米国非営利教育財団 SAFスタディ・アブロード・ファウンデーション
Contact Us | Student Login | SAF認定留学TOP | 留学相談・お問合せ

イギリス
For Students
SAF参加学生の体験談
SAF Newsletters

 

SAF GA 第7期生 - 2018 Fall
御田 葵  第7回 現地レポート
御田 葵(Aoi ONDA)
第7回 現地レポート(2019年3月)


所属大学: 明治大学 国際日本学部
留学先国: アメリカ
留学先大学: ミネソタ大学
留学タイプ: 学部授業履修プログラム
期間: 2018年8月〜2019年5月(一年間)
第7回 現地レポート 02 留学生活も残り二ヶ月を切り、毎日英語を使える環境から離れてしまうと思うと、とても悲しく感じます。終わりが見えてきて、残りの留学生活を充実させたいという思いが強くなってきた今月は、中間試験の準備や、新しいフィルム製作の合間を縫ってミネソタらしいことをたくさん経験しました。まだ雪が降り、とても寒かった3月初旬には友人らとスノーボードを楽しみました。極寒の土地柄が関係しているのかはわかりませんが、スキーに来ている人全員がとても上手なことに圧倒されつつも、私はマイペースにミネソタらしい自然に囲まれた景色を楽しみながら滑りました。また、池の凍っているうちに「フローズンレイク」に跨ろうということで、友人と夜中にドライブに出かけ、大学のあるミネアポリスから車で片道三時間離れたダルースまで小旅行に出かけました。昨年の秋、ミネソタに来たばかりの時に訪れた場所にもう一度行くことができてとても嬉しかったですし、実際にみんなで凍った池の上を歩き、「陸と区別のつかない池」という日本ではあまり見ることのできない自然現象を目の当たりにすることができていい経験になったと感じます。また、三月後半には春休みがあり、友人とラスベガスに旅行しました。カジノの文化に触れ、またグランドキャニオンなどの大自然と戯れ、アメリカでの残り少ない留学生活を非常に有意義なものにできたのではないかと思います。

>> 御田 葵 index
   
Last Updated: 7/2/19