米国非営利教育財団 SAFスタディ・アブロード・ファウンデーション
Contact Us | Student Login | SAF認定留学TOP | 留学相談・お問合せ

イギリス
For Students
SAF参加学生の体験談
SAF Newsletters

 

SAF GA 第6期生 - 2018 Fall
岡 海珠々 第6回 現地レポート
岡 海珠々(Misuzu OKA)
第6回現地レポート(2019年4月)


所属大学: 日本大学 危機管理学部
留学先国: イギリス
留学先大学: マンチェスター大学
留学タイプ: 語学力強化プログラム
期間: 2018年10月〜2019年6月(一年間)

こんにちは。マンチェスター大学に留学中の岡海珠々です。ここ最近のマンチェスターは秋冬と比較すると雨や曇りが少なく、心地のいい天気が続いています。そして3月末から急激に日没時間が遅くなり現在は午後8時まで明るいので、私は昼夜逆転した生活がまだ直っていない状態です。また驚くことに、ここマンチェスターでも日本より満開時期の長い桜が咲いており、もうそんな季節かとしみじみと感じています。

本題ですが、今回のレポートでも私の気ままな1ヶ月間のイースターホリデイの過ごし方を流しながらでも読んで頂ければと思います。まず始めにロンドン、そして2度目のパリ、そしてベネチアとローマに1週間友達と行ってきました。パリは2週間前に一度来ていて、今回もシャンゼリゼ通りに足を運んだのですが、数日前にあったデモのせいで前回は綺麗だったお店のガラスが粉々に粉砕された状態になっていました。ロンドンのEU問題を含め、普段ニュースで見ているものを身近に感じました。そして、とても感動したのがベネチアです。天候にも恵まれ、昼食は外で優雅に食べ、ゆったりとした時間を過ごすことができました。ベネチアはインスタ映えの場所ですね。そしてローマは2泊3日でしたが、ローマは一日にして成らず、という言葉の通り衣食住すべて3日では満足できませんでした。悔しいのでまたリベンジしようと思っています。ちなみに一つ気になったのが、少し汚い話ではありますが、私がイタリアで宿泊した地域の道は基本的に綺麗なのですが、犬の糞が至る所にころころ落ちており、少しびっくりしつつ面白いなと感じました。笑 また、イタリアではバスや電車のチケットが‘T’と表示されているタバコ屋さんで購入するイギリスとは異なるスタイルで、新鮮でした。

マンチェスターに戻ってからは外国人の集まるコミュニティや好きなジャンルのクラブに行き、毎回トイレでその場限りの友達を作ったり、毎晩パブにサッカー観戦に行ったりする生活で楽しい日々を過ごしています。パブによって異なるチームを示す表現にユーモアがあり、イギリスならではだと思いました。そして、マンチェスター大学にはJapanese Societyという集まりが存在し、5月に学祭で食べ物出店のボランティアをする事になり、とても楽しみです。

さて、前回のレポートで一人旅に挑戦すると書きました。そうです、忘れていました。なので、このレポートを書いている最中ですが、次の日から弾丸アムステルダム、プラハの旅を決めてきました。では行ってきます。

第6回 現地レポート 02 第6回 現地レポート 02 第6回 現地レポート 03

4枚目写真解説
火曜日 Other lot=Manchester City(ここでは外野扱い)
*Lotには集まり(ここでは、他の奴らの意味らしい)
水曜日 Mighty Reds=Manchester United(ちなみにここのパブはマンユ推し)
Messi=Barcelona (名前だけのチームも...)


>> 岡 海珠々 index
   
Last Updated: 7/2/19