米国非営利教育財団 SAFスタディ・アブロード・ファウンデーション
Contact Us | Student Login | SAF認定留学TOP | 留学相談・お問合せ

イギリス
For Students
SAF参加学生の体験談
SAF Newsletters

 

SAF GA 第5期生 - 2018 Spring
齊藤 香 第8回現地レポート
齊藤 香(Kaori SAITO)
第8回現地レポート(2018年10月)


所属大学: 東洋大学 文学部
留学先国: ニュージーランド
留学先大学: オタゴ大学
留学タイプ: 語学力強化+
学部授業履修プログラム
期間: 2018年2月〜2018年11月(一年間)
第8回現地レポート 02 オタゴ大学での生活も終盤に入り、今月は短期間に複数のエッセイの提出やプレゼンテーション、期末試験が集中してあり、大変に感じる事も多々ありましたが、自分なりに工夫しながら妥協することなく取り組む事が出来たと感じています。また、そうした中で自らの成長を語学だけでは無く、様々な面で感じる事が出来ました。授業外では、今月Kiwiの友人が開催したハウスミュージックのイベントや語学学校時代の友人とジムへ行ったり、前々から気になっていた学校近くの博物館を日本文化の授業で知り合ったイギリス出身の友人と訪れたりしました。留学開始前、留学の目標として「繋がりの大切さを実感する」ということを掲げたのですが、まさにその目標の達成を大いに実感することが出来ているように感じています。留学先では語学学校、大学、ダンスサークル、滞在先そして街で出会う多くの人(飲食店やバスetc.)などで言葉、年齢、立場を超え多くの人と関わり、互いを理解していく喜びを得られる素敵な環境下にあること、また日本から連絡をくれる家族や友人がいること、目には見えないけれど日々多くの人に支えられ、実りある日々が送れていることの貴重さを実感しています。残りの留学生活も多くの事を吸収出来るよう様々な事に目を向け1日1日を過ごしたいと思います。
第8回現地レポート 03 第8回現地レポート 04

>> 齊藤 香 index
   
Last Updated: 7/2/19