米国非営利教育財団 SAFスタディ・アブロード・ファウンデーション
Contact Us | Student Login | SAF認定留学TOP | 留学相談・お問合せ

イギリス
For Students
SAF参加学生の体験談
SAF Newsletters

 

SAF GA 第5期生 - 2018 Spring
齊藤 香 第1回現地レポート
齊藤 香(Kaori SAITO)
第1回現地レポート(2018年3月)


所属大学: 東洋大学 文学部
留学先国: ニュージーランド
留学先大学: オタゴ大学
留学タイプ: 語学力強化+
学部授業履修プログラム
期間: 2018年2月〜2018年11月(一年間)
第1回現地レポート 02 ダニーデンに到着してから早くも1ヶ月が過ぎようとしています。こちらは夏とのことですが肌寒くよく雨も降ります。ここ1カ月間のことについてお話しすると、到着した翌日から語学学校でのプログラムが始まり、初めの1週間はオリエンテーション期間でキャンパスツアーやダニーデンの名所であるシグナル・ヒルやボルドウィン・ストリートという世界で最も急な坂としてギネス認定されている場所を訪れたりしました。周囲の生徒は春休みを利用し短期の語学プログラムで1ヶ月間学びに来ている日本人の学生が多く、他国の学生はまだ比較的少数です。しかし、クラスにおいては私を含め7名の少人数で次の学期からオタゴ大学あるいは大学院へと進学することを目標としているサウジアラビア、タイ、中国から来ている、年齢も国籍も多様な人々に囲まれた環境の中で勉強しています。
また語学学校の横にはスタジアムがあり、そこではラグビーの試合や様々なイベントが頻繁に開催されており、そこで行われた学校主催のOrientation Partyに参加したりもしました。DJセットのイベントで、参加者のほとんどが現地の学生で留学生は殆どおらず、現地学生の活気を肌で感じながら交流することが出来たのでとても楽しく貴重な経験となりました。休日には日本人の友人のホストファミリーと一緒にAllans Beachへ行ったり、ダウンタウンを散策したりしました。このように、ホームシックになる暇も無いような毎日多くの発見と、楽しさに囲まれたダニーデンでの生活が始まりました。
第1回現地レポート 03 第1回現地レポート 04

>> 齊藤 香 index
   
Last Updated: 7/2/19