米国非営利教育財団 SAFスタディ・アブロード・ファウンデーション
Contact Us | Student Login | SAF認定留学TOP | 留学相談・お問合せ

イギリス
For Students
SAF参加学生の体験談
SAF Newsletters

 

SAF GA 第5期生 - 2018 Spring
第9回現地レポート01


福山 大輝(Taiki FUKUYAMA)
第9回現地レポート(2018年11月)


所属大学: 学習院大学 国際社会科学部
留学先国: アメリカ
留学先大学: サンノゼ州立大学
留学タイプ: 語学力強化+
学部授業履修プログラム
期間: 2018年3月〜2018年12月(一年間)

こんにちは、サンノゼ州立大学に留学中の福山大輝です。サマータイムが終わり、カリフォルニア州も日没時間が早まり夜長になって来ました。ハロウィンも終わり、街が一気にクリスマスムードに包まれていて綺麗です。10月の下旬から11月の中旬にかけて大きく二つのことがありました。
一つ目はボストンキャリアフォーラムです。11月9日から11日にかけてボストンキャリアフォーラムに参加し、就職活動をしました。私は企業にエントリーシートを提出しませんでしたが、企業説明会や模擬面接の指導などのブースがあってとてもためになりました。行って一番よかったと思うのは、就職活動に対する刺激がもらえたことです。三年生の春から留学を始めた私は、日本での周囲の就職活動に対する行動を見ておらず、インスタグラムで見る友人のインターンなどを見て焦燥感が募っていました、ボストンキャリアフォーラムに行く前に友人とエントリーシートと履歴書を書いていて初めて就職活動のスイッチが入ったので、いい経験ができたと思います。ボスキャリのついでにボストンの市街観光もしました。カリフォルニアとは違って東海岸に位置していて気温が低いので建物が煉瓦造りで、街並みから高級感があふれていて綺麗でした。また、港町なのでシーフードのレストランが多く、地元で有名なレストランで食べたクラムチャウダーは、21年間生きて来た中で一番美味しいものでした。ぜひみなさんもボストンに足を運んだら食べることをお勧めします。
二つ目は山火事についてです。前にも言った通り、カリフォルニア州はとても乾燥しているため火事が多いです。特に山火事が多く、自然災害なので歯止めが効かずとても長期的かつ頻繁に起こります。普段の生活に支障をきたすことはなかったのですが、今月の火事はカリフォルニア史上一番大きく、街の空が濁っていて、いつも見えるはずの飛行機がほとんど見えない状態でした。大学側も空気が汚いので授業を全てキャンセルしたりしていて、街の人たちはガスマスクなどをつけていたので、まるで映画のようでした。特に問題はないですが、カリフォルニアに留学を検討中の人は頭の片隅に記憶しておくといいかもしれません。
留学生活も残り1ヶ月を切ってしまったので、最後まで楽しみ抜きたいと思います。

第9回現地レポート 02 第9回現地レポート 03

>> 福山 大輝 index
   
Last Updated: 7/2/19