米国非営利教育財団 SAFスタディ・アブロード・ファウンデーション
Contact Us | Student Login | SAF認定留学TOP | 留学相談・お問合せ

イギリス
For Students
SAF参加学生の体験談
SAF Newsletters

 

SAF GA 第4期生 - 2017 Fall
土屋 樹央 第5回現地レポート
土屋 樹央 (Mikio TSUCHIYA)
第5回現地レポート(2018年2月)


所属大学: 日本大学 商学部
留学先国: イギリス
留学先大学: ウェストミンスター大学
留学タイプ: 語学力強化+学部授業履修プログラム
期間: 2017年9月〜2018年5月(一年間)

1月の下旬から新たなセメスターが始まり、そして2月になりました。セメスターが変わったということで、新しい友達や事柄に触れ、毎日様々な刺激を受けながら生活しています。そして今月は、健康であることの大切さを改めて実感させられました。

 2月に入り、1週間に2回高熱を出すという体調不良の時期がありました。実際に、風邪をひいたときに、1人暮らしである大変さや、実家にいるときの家族のありがたみなどを感じました。日本から、一応ということで、持参した氷嚢を使う時が来るとは思ってもいませんでした。冷凍庫には常に氷をストックしておいたので高熱に対応することができ、数日で回復しました。体調を崩すと、次にある問題は大学の課題などの対処です。数日間、エッセイやプレゼンのための作業ができないので、回復後に、課題に追われるという日々がやってきます。そこで今回、自分の体調は良い状態に保つことの大切さを再度確認することができました。
平日は大学に行き、運動もし、金曜日と土曜日は出掛けるというライフサイクルも楽しく充実はしていますが、時には休息を設けるなど、自分の身体とのバランスを心がけて生活していきたいと思います。

 3枚の写真の内、1つはロンドンの郊外のワトフォードにあるハリーポッターのスタジオツアーに行った時のものです。残りの2つは、BBCのスタジオにて、RudimentalとJess Glynne、Dan CaplenによるThe One ShowのLIVE収録に行った時のものです。彼らの新曲の”These Days”の生演奏の収録だったので、貴重な時間でした。
第5回現地レポート 02 第5回現地レポート 03

>> 土屋 樹央 index
   
Last Updated: 11/1/19