米国非営利教育財団 SAFスタディ・アブロード・ファウンデーション
Contact Us | Student Login | SAF認定留学TOP | 留学相談・お問合せ

イギリス
For Students
SAF参加学生の体験談
SAF Newsletters

 

SAF GA 第4期生 - 2017 Fall
土屋 樹央 第4回現地レポート
土屋 樹央 (Mikio TSUCHIYA)
第4回現地レポート(2018年1月)


所属大学: 日本大学 商学部
留学先国: イギリス
留学先大学: ウェストミンスター大学
留学タイプ: 語学力強化+学部授業履修プログラム
期間: 2017年9月〜2018年5月(一年間)

第4回現地レポート 02 クリスマス、そして、年越しを終え、いよいよ次のセメスターが始まる1月となりました。この1ヶ月間は大学の授業はなく、今回は休みの期間にあった主な出来事について書いていきたいと思います。

冬休みでは時間があったので、年末にパリとミラノ、そして、年明けにはリスボンとマドリードに行ってきました。この期間の旅行はすべて飛行機で移動しましたが、ロンドンからパリなどには電車でも簡単に行くことができるので、ヨーロッパの国々を簡単に回ることができます。この旅行では飛行時間も短いもので約1時間、長くても3時間以内なので、1つ1つの移動も負担にならないものとなりました。
それぞれの都市にはその都市の雰囲気から食べ物、ファッションと個性があるので、様々なものを見て回るという非常に面白い時間を得ることができました。ロンドンにない美味しさの食べ物を味わうことができるのも旅行の楽しいポイントの1つです。それと同時に、今住んでいるロンドンの良さなども改めて感じることができました。交通機関や住みやすさ、日中、夜のライフスタイルやカルチャー、スポーツや音楽なども含め、個人的には、ロンドンが自分にとって合っている場所であると実感しました。ロンドンは色々な意味で”エキサイティング”なところであると思います。

今月から新たな学部授業も始まり、新しい人や物事に触れます。そして、様々なものを吸収していけるものにしたいと思います。

第4回現地レポート 03 第4回現地レポート 04 "第4回現地レポート

>> 土屋 樹央 index
   
Last Updated: 11/1/19