米国非営利教育財団 SAFスタディ・アブロード・ファウンデーション
Contact Us | Student Login | SAF認定留学TOP | 留学相談・お問合せ

イギリス
For Students
SAF参加学生の体験談
SAF Newsletters

 

SAF GA 第4期生 - 2017 Fall
土屋 樹央 第2回現地レポート
土屋 樹央 (Mikio TSUCHIYA)
第3回現地レポート(2017年12月)


所属大学: 日本大学 商学部
留学先国: イギリス
留学先大学: ウェストミンスター大学
留学タイプ: 語学力強化+学部授業履修プログラム
期間: 2017年9月〜2018年5月(一年間)

12月に入り気温も低くなり、いよいよ本格的な冬、そしてクリスマスが近いと実感する頃になりました。
9月から始まった1stセメスターも終わりに近づいています。今回は、大学やクリスマスのことなどついて書きたいと思います。
大学では、セメスターの終盤ということもあり、先月以上にエッセイなどいくつかの課題もこなしながら過ごしていく日々を送っています。
このセメスターでは、語学の授業を履修しているため、エッセイについても学びました。ここでは、エッセイの構造などだけでなく、リファレンスの書き方などについても学びます。リファレンスの書き方では、日本で習ったフォーマットと違う点も多く、主にイギリスで使われるような書き方を学ぶことができました。

11月の終わり頃から12月のロンドンでは、街の中の様々なところでイルミネーションを見ることができます。
大学があるOxford Circusもイルミネーションがあり、綺麗なものから派手なものまでと、街を歩いていると様々なイルミネーションと遭遇することができました。写真はOxford Streetにあるイルミネーションです。そして、寮では週末に友達たちとクリスマスパーティーをしました。それぞれ各自が料理を持ち寄り、とても楽しい時間でした。
あっという間に3か月が過ぎました。そして、いよいよ冬休みに入ります。ロンドンに来てから何を得たのか、これからどうしたいのか、ということを改めて考えて、この冬休みを過ごしていきたいと思います。

第2回現地レポート 03 第2回現地レポート 04

>> 土屋 樹央 index
   
Last Updated: 11/1/19