米国非営利教育財団 SAFスタディ・アブロード・ファウンデーション
Contact Us | Student Login | SAF認定留学TOP | 留学相談・お問合せ

イギリス
For Students
SAF参加学生の体験談
SAF Newsletters

 

SAF GA 第4期生 - 2017 Fall
黒川 鈴子 第8回現地レポート
黒川 鈴子(Suzuko KUROKAWA)
第8回現地レポート(2018年5月)


所属大学: 愛知県立大学 外国語学部
留学先国: イギリス
留学先大学: グラスゴー大学
留学タイプ: 学部授業履修プログラム
期間: 2017年9月〜2018年5月(一年間)

こちらは暖かい日が続くようになり、晴れた日の公園は芝生に寝そべる人たちで溢れています。
ここグラスゴーは大都市でありながら、あちこちに公園があって桜や花が色とりどりに咲き今はとても綺麗です。 昔、グラスゴーの工業を支えた労働者が癒しを求めて公園や緑を街に多く取り入れたのだそうです。私も友達と一緒にピクニックをするなど、のんびりとグラスゴーを楽しんでいます。ぽかぽかとした春の陽気が夏の間もずっと続くそうで、日本の蒸し暑い夏を想像すると帰国がつらいです…。

さて先日、最後の期末試験を無事に終えて、グラスゴーでの学部授業履修プログラムを終えることができました。授業のリーディングの多さやエッセイ課題に悩まされるなど、厳しい環境で過ごしたなあと振り返る反面、それをやりきったという達成感もあり、ありがたい環境で一年挑戦できたと感じています。
また、一年を通じて、聖歌隊やクラシックなど今まであまり聴いたことのなかったジャンルのコンサートを友人と聴きに行ったり、ジャズソサエティで毎週ピアノとしてセッションに参加したり、地元グラスゴーのバンドに詳しい友人とCDショップを回ったりと、趣味を軸に交友関係が広がり、新しいものに触れる機会を多く得られたと実感しています。
フラットメイトや友人と課題や天気の愚痴を言い合いながらもようやくここまで来た、という感じです。試験は終わりましたが、もうあと少し旅行をしてから無事に帰国します!
これまで読んでいただきありがとうございました。

写真は大学に咲いているチューリップ、グラスゴーのボタニックガーデン(奥にたくさんの人が見えます)、公園でやっていたクディッチです。

第8回現地レポート 02 第8回現地レポート 03

>> 黒川 鈴子 index
   
Last Updated: 11/1/19