米国非営利教育財団 SAFスタディ・アブロード・ファウンデーション
Contact Us | Student Login | SAF認定留学TOP | 留学相談・お問合せ

イギリス
For Students
SAF参加学生の体験談
SAF Newsletters

 

SAF GA 第4期生 - 2017 Fall
黒川 鈴子 第6回現地レポート
黒川 鈴子(Suzuko KUROKAWA)
第6回現地レポート(2018年3月)


所属大学: 愛知県立大学 外国語学部
留学先国: イギリス
留学先大学: グラスゴー大学
留学タイプ: 学部授業履修プログラム
期間: 2017年9月〜2018年5月(一年間)
第6回現地レポート 02

こんにちは。日本は桜が開花しだしたころでしょうか?グラスゴーでは3月に入ってから例年まれにみる大雪(そうでもない?)に見舞われ、学校や会社はお休み、そして電車も運休になって静かで奇妙な1週間を過ごしました。
そりを持って公園で遊べるのはいいのですが、交通が滞った影響で、スーパーではパン、お肉、野菜が品薄になり、3日間くらいは近くのスーパーを何件か周りながら買い物をしなければなりませんでした。
それだけグラスゴーが積雪に慣れていないということでなんだか意外でした。 しかも、ちょうど2月末から3月の初めにかけて大学では年金の引き下げをめぐって教授たちが大学側に抗議し、ストライキを行っていたため、大学での講義やチュートリアル(10人程度でディスカッションなどをする授業)が2週間ほどにわたってキャンセルになり、予定していた私のプレゼンテーションもなくなってしまいました。授業のキャンセルは当日の朝にメールで知らされます。

私の場合、大体いつも前日の夜遅くまで授業の予習に時間がかかるので、初めて朝に授業のキャンセルを知ったときは少しムカつきながら二度寝しました(笑)。比較的年齢が若い教授が積極的にストライキに参加するそうですが、私がとっている授業で少し年配の教授は一度もキャンセルになりませんでした。
休み中は家でエッセイ課題をすすめたりフラットメイトと一緒にご飯を作って食べたりと、家の中で過ごすことが多かったこともあり、この1か月は時間の流れが特に早く感じました。イースター休暇にはフラットメイトと旅行するので、今は残りのエッセイ課題を頑張ろうと思います!
これといった写真がないので、同じ場所の雪景色写真と9月の青々としていたころの写真を比較させます(笑)大学の近くでも桜が咲いたと聞いたので歩くときに探してみようと思います。


>> 黒川 鈴子 index
   
Last Updated: 11/1/19