米国非営利教育財団 SAFスタディ・アブロード・ファウンデーション
Contact Us | Student Login | SAF認定留学TOP | 留学相談・お問合せ

イギリス
For Students
SAF参加学生の体験談
SAF Newsletters

 

SAF GA 第4期生 - 2017 Fall
黒川 鈴子 第5回現地レポート
黒川 鈴子(Suzuko KUROKAWA)
第5回現地レポート(2018年2月)


所属大学: 愛知県立大学 外国語学部
留学先国: イギリス
留学先大学: グラスゴー大学
留学タイプ: 学部授業履修プログラム
期間: 2017年9月〜2018年5月(一年間)

セカンドセメスターが始まって一ヵ月半が経とうとしています。授業の内容についてあまり触れていなかったと思うので、少し書きますね。私は今学期も前学期と同様に、三つの授業を履修しています。一つは中央・東ヨーロッパ研究で、ソ連崩壊後の中欧の体制移行について学びます。これは日本で基礎的な内容を学んでいなかったため、前学期から授業についていくのにもの凄く苦労しました。ですが、グラスゴー大学で学びたかった分野だけあって、毎回とても興味深く授業を受けることができています。ディスカッションでは最初の頃はそもそも論点を追うことにすら苦労していたのですが(笑)、講義の予習・復習を欠かさないこと、プレゼンテーションやエッセイ課題などを通して、知識が徐々に自分のものになってきている実感を得られています。

もう一つは、これまた自分にとって新しい分野である社会経済史です。履修している授業では、世界大戦が国際経済や人々の生活に与えた影響について、背景知識も丁寧に取り扱うので、理解しやすく内容も面白いです。そしてあと一つは、イギリスの戦後首相について研究するセミナーです。これについては唯一、日本で関係する分野を学んでいたため、リーディングや毎週の課題もストレスを感じずに取り組めています。ディスカッション中心の授業ですが、教授がとても気さくな人柄であるためか毎回和やかな雰囲気で楽しいです(笑)前学期の成績を巻き返すためにも、残りの授業も丁寧に取り組んでいきます。授業があと二ヵ月で終わるなんて考えられない!頑張ります。

写真は、旧正月のお祝いにチャイニーズの友達が鍋をふるまってくれたときのものと、オックスフォードを観光したときのものです。

第5回現地レポート 02 第5回現地レポート 03

>> 黒川 鈴子 index
   
Last Updated: 11/1/19