米国非営利教育財団 SAFスタディ・アブロード・ファウンデーション
Contact Us | Student Login | SAF認定留学TOP | 留学相談・お問合せ

イギリス
For Students
SAF参加学生の体験談
SAF Newsletters

 

SAF GA 第4期生 - 2017 Fall
黒川 鈴子 第4回現地レポート
黒川 鈴子(Suzuko KUROKAWA)
第4回現地レポート(2018年1月)


所属大学: 愛知県立大学 外国語学部
留学先国: イギリス
留学先大学: グラスゴー大学
留学タイプ: 学部授業履修プログラム
期間: 2017年9月〜2018年5月(一年間)

第4回現地レポート 02

あけましておめでとうございます。12月の後半から1月の初めまで休暇だったので、旅行に行ったり、地元の友達とグラスゴーでゆっくり過ごしたりしていました。お正月はグラスゴーで、普段授業でお互いに忙しく、なかなか会えない友達に会ってコンサートを見に行ったり、一緒にフラットで過ごしたりしていました。学期が始まると課題に追われて忙しくなるのに、「早く授業が始まってほしいね(笑)」なんて冗談を言えるくらいのんびり過ごしていましたが、裏を返せば授業についていくことや、新しい環境に落ち着くのに大変だったセメスター1(前学期)も充実と達成感を十分得られたものだったなと気付かされました。

クリスマスはドイツのケルンへ、また年が明けてからはアイルランドのダブリンへ旅行に行きました。クリスマスシーズンのドイツはきらきらとしたマーケットが開かれていて、私はブルストというドイツ料理とホットワインをスタンドで買って、現地にいる友達に街を案内してもらいました。
ダブリンでは、フラットメイトにおすすめされた港町で、新鮮な牡蠣と魚料理を頂いてきました。お料理もそうですが、普段見ることのできない海を見られて興奮しました!両方とも、グルメな旅でした。

セメスター2(今学期)が始まりましたが、フラットメイトとキッチンと床の大掃除をして寮も住みやすくなり、また炊飯器を友達から譲り受けてこれまで以上に料理の幅も広がり、すこし余裕をもって過ごせるようになりました。
今学期は金曜日に授業がないため、週末の予定を立てやすくなったのと、毎週木曜の夜にやっているジャズソサエティのセッションにも無理せず参加できるようになったことが前学期と変わったことです。勉強もそうですが、趣味にもとことん打ち込めるセメスターにしようと思います!

写真は、ドイツのクリスマスマーケットとアイルランドのHawthという港町と海鮮料理、グラスゴーの様子です。このところ雪の日が続いていて寒いです。

第4回現地レポート 03 第4回現地レポート 04

>> 黒川 鈴子 index
   
Last Updated: 11/1/19