米国非営利教育財団 SAFスタディ・アブロード・ファウンデーション
Contact Us | Student Login | SAF認定留学TOP | 留学相談・お問合せ

イギリス
For Students
SAF参加学生の体験談
SAF Newsletters

 

SAF GA 第4期生 - 2017 Fall
亀谷 昇吾 第3回現地レポート
亀谷 昇吾(Shogo KAMEGAI)
第6回現地レポート(2018年2月)


所属大学: 東洋大学 国際地域学部
留学先国: アメリカ
留学先大学: ハワイ大学ヒロ校
留学タイプ: 語学力強化+学部授業履修プログラム
期間: 2017年8月〜2018年5月(一年間)
 

今月はまずまた新しい出会いがあった。
ヒロのローカルでショップをやっている人たちが、僕がカメラやファッション系のインターンをやっていることを知って連絡をくれたのだ。
まだ具体的に何か始まったわけではないが、先日も彼らと出かけ、食事や酒を共にしながら意見を交わし合った。この島のこの街に根付いて生きる人たちの価値観をじかに聞くことができるのはかなり貴重だし、ファッション系や芸術系で働いているというこの島では珍しいタイプの人たちと出会えたのは自分にとってかなり嬉しいことだった。

この大学は立地的にも存在としてもローカルとの距離感がかなり近い。だからこそ学内だけでなく、学外の人たちとも繋がりやすいことがこの大学の魅了の一つだと身をもって感じる。人と人が繋がりやすく、僕の生活もそれでどんどん豊かになっている。学内の生活も楽しい。
レギュラーの授業が増えたことから忙しさは多少増した気がするが、より学生らしい生活、勉強ができていると思う。放課後は基本的に毎回同じ友達と僕の家で勉強してるが、彼らとの英会話もどんどん自然的で、幅広く深い話ができるようになっている。
週末は飲むかゆっくりするか、どちらにせよこの街は出かける場所がないからそういう過ごし方になってしまうのだが、この島らしい時間の流れの中でゆっくり友達と過ごすのは最高に気持ちがいい。
残りの期間が少なくなって来たが、このように勉強やインターンにつながることは気を抜かず、ゆっくりする時間もしっかり持ちつつ、自分らしくこの街での生活を最大限に楽しんでいきたいと思う。


>>亀谷 昇吾 index
   
Last Updated: 11/1/19