米国非営利教育財団 SAFスタディ・アブロード・ファウンデーション
Contact Us | Student Login | SAF認定留学TOP | 留学相談・お問合せ

イギリス
For Students
SAF参加学生の体験談
SAF Newsletters

 

SAF GA 第4期生 - 2017 Fall
亀谷 昇吾 第2回現地レポート
亀谷 昇吾(Shogo KAMEGAI)
第2回現地レポート(2017年10月)


所属大学: 東洋大学 国際地域学部
留学先国: アメリカ
留学先大学: ハワイ大学ヒロ校
留学タイプ: 語学力強化+学部授業履修プログラム
期間: 2017年8月〜2018年5月(一年間)

ハワイ大学ヒロ校に留学して2ヶ月が過ぎた。ここにきて感じる一番大きな変化は自分の属するコミュニティが人種的に多様化したことと、それによる行動範囲の広がり、そして与えられるチャンスの増加である。毎日ここヒロ出身の友達と放課後に勉強をしたり、話したりと時間を過ごしているのだが、これにより授業外での英語に触れる時間が圧倒的に増えた。また彼はヒロ出身のため地元とのコネクションも多く、彼や彼の周りの友達の紹介で日々新しい出会いがる。彼らと過ごすことで、ネイティブに授業外でも英語を教えてもらえること、自分の好きなファッションであったり写真関係の人に繋いでもらえることがある。そして何より、このような留学ならではの生活に身を置けることが本当に楽しい。
今月はミッドタームテストのため、日々勉強にレポートと忙しい。周りのネイティブは私の英会話スキルが上がってきていると言ってくれているが、まだまだ英語での授業を完全把握することのハードルは高く、英語理解と授業内容理解の同時進行に苦労することが多々ある。その中でも、オフィスアワーで分からないところを聞きに行くことで理解しきれなかったところをカバーするようにしている。またこれにより、教授も自分のことを理解してくれるので、授業内でも声をかけてくれたり、詳しく説明してくれたりと、自分で動くことで何かしらプラスのオプションが帰ってくるとわかったので、ここからも意識していたい。
自分を囲んでくれる人種性に溢れた友達と、少しずつ軌道に乗りつつある勉強の容量の良さをさらに発展することができるように、ミッドターム後も気を抜かずに毎日を大切に過ごしたいと思っている。

第3回現地レポート 02 第3回現地レポート 03

>>亀谷 昇吾 index
   
Last Updated: 11/1/19