米国非営利教育財団 SAFスタディ・アブロード・ファウンデーション
Contact Us | Student Login | SAF認定留学TOP | 留学相談・お問合せ

イギリス
For Students
SAF参加学生の体験談
SAF Newsletters

 

SAF GA 第4期生 - 2017 Fall
飯泉 俊哉 第8回現地レポート
飯泉 俊哉 (Toshiya IIZUMI)
第8回現地レポート(2018年5月)


所属大学: 日本大学 国際関係学部
留学先国: カナダ
留学先大学: トロント大学
留学タイプ: 語学力強化プログラム
期間: 2017年9月〜2018年6月(一年間)
第8回現地レポート 02 5月に入り日本に帰国するまで約1ヶ月となりました。最初にトロントに来た頃の記憶がまだ鮮明にあるので、時の流れは速いなと感じています。今回はカナダの北西に位置するイエローナイフに行ってきたので、それについて書きたいと思います。

イエローナイフへは3泊4日で行き、主にオーロラ鑑賞と犬ぞりをしてきました。結論から言うとオーロラを観ることはできたのですが、あまり綺麗なものではありませんでした。しかし、オーロラ鑑賞以外のことでたくさん楽しむ事が出来ました。イエローナイフはすごく田舎で何もないと聞いていたのですが、実際のところおみやげ屋もとても少なく、聞いていた話の通りでした。イエローナイフ市内で楽しめるとしたら無料解放している博物館か、現地の伝統料理が食べられるレストラン巡りだと思います。ちなみに、僕は北極イワナのお寿司を食べました。日本で食べたイワナの身は白色だったのに対し、北極イワナはサーモンのように赤色だったので驚きました。しかし、味は臭みも無くとても美味しかったです。

夜になると田舎で街灯も少ないため、星をとても綺麗に見ることができます。犬ぞりでは、大きな犬を想像していたのですが意外と小さく、大丈夫かなと思っていましたがいざ始まるととてもパワフルな走りを楽しめました。イエローナイフ市役所では北緯60度線を超えた証明書とイエローナイフにちなんだ黄色いナイフ型の缶バッチが無料でもらえるので、イエローナイフに行く際は市役所に訪れることをお勧めします。

今回のイエローナイフ旅行は納得のいく綺麗なオーロラを見ることができなかったので、またいつかオーロラ鑑賞に挑戦したいと思います。また、今回の旅行で冬のアクテビティは楽しめたので、次回は夏に行って湖に反射して映るオーロラの写真を撮りに行きたいです。

第8回現地レポート 03 第8回現地レポート 04

>> 飯泉 俊哉 index
   
Last Updated: 11/1/19