米国非営利教育財団 SAFスタディ・アブロード・ファウンデーション
Contact Us | Student Login | SAF認定留学TOP | 留学相談・お問合せ

イギリス
For Students
SAF参加学生の体験談
SAF Newsletters

 

SAF GA 第4期生 - 2017 Fall
後藤 黎 第1回現地レポート
後藤 黎(Rei GOTO)
第1回現地レポート(2018年1月)


所属大学: 慶應義塾大学 法学部
留学先国: アメリカ
留学先大学: アメリカン大学
WSP(ワシントン・セメスター・プログラム)
留学タイプ: 語学力強化+
アカデミック・インターンシップ・プログラム
期間: 2017年9月〜2018年5月(一年間)

昨年の8月から約1年間アメリカン大学に留学している後藤黎です。秋学期にはELTAという英語のプログラムに参加し、春学期からはWSP(ワシントンセメスタープログラム)というアカデミックインターンシッププログラムに参加しています。WSPのプログラム紹介はもちろん、WSPとELTAプログラムの比較や、授業時間外での活動、などにも触れていきたいと思っています。

1月10日からWSPが始まり、未だに英語に苦しんでいます。秋学期のプログラムは、自分の英語のレベルを上げることや、様々な国の文化を学ぶのには最適な環境が用意されていましたが、クラスメートとの会話は、お互いに英語を学んでいる身であったために、お互い話したいことをしっかりと伝え合うことを大事にしていたので、会話のスピードは早くはありませんでした。一方WSPは、参加者の多くがアメリカ人であるのに加え、海外から参加している留学生も、英語が喋れて当たり前であるため、会話のスピードが速く、会話に付いていくのがとても大変です。しかし留学でしか味わえない貴重な体験であり、この中で、自分がどのように成長できるのかが楽しみでもあります。

今回掲載させていただく写真は、WSP主催のamazing race という、課されたミッションを時間内に達成するために、ワシントンDCの街中を走り回るゲームに参加した時に撮ったグループ写真とCapitol(日本でいう国会議事堂)の写真です。

第1回現地レポート 02 第1回現地レポート 03

>> 後藤 黎 index
   
Last Updated: 7/2/19