米国非営利教育財団 SAFスタディ・アブロード・ファウンデーション
Contact Us | Student Login | SAF認定留学TOP | 留学相談・お問合せ

イギリス
For Students
SAF参加学生の体験談
SAF Newsletters

 

SAF GA 第4期生 - 2017 Fall
福井 花 出発前抱負
福井 花(Hana FUKUI)
出発前抱負(2017年6月)


所属大学: 日本大学 芸術学部
留学先国: イギリス
留学先大学: FIE ロンドン・
インターンシップ・プログラム
留学タイプ: アカデミック・インターンシップ
期間: 2017年6月〜2017年12月(一年間)

FIEという国際教育財団の主催するプログラムを利用し、ロンドンでのインターンシップとロンドン文化・インターンする業種に関連する研修を受けます。
劇場でのインターンシップ及び英国文化や芸術に関する授業が始まろうとしています。すでにFIEの指導のもとインターンアプライ用CVとPersonal Statement=履歴書を何度も書き直し、インタビュー=面接も経験しました。結果、Tara Art Theaterでの事務局アシスタントから宣伝への責任、舞台スタッフと多岐にわたる役割を担うインターンが決まりました。オリンピック含め、文化やパフォーミングアーツ方面の国際交流を志す自分にとって、コミュニケーションも判断力も存分に鍛えられる機会になれば、と意気込んでいます。
また、タイムマネージメント及びスマートな決断をするスキルを身につけたいです。FIEは主にアメリカの大学生が欧州文化・社会を経験するための留学プログラムなので、彼らの生活に日本人が一人入っていくことになります。勉強にかける時間・生活スタイル・海外留学への考えの異なりなど多少あるのではないかと予想しています。コミュニケーション能力の成長はじめとする、海外暮らしで得られる経験が詰まった日々になることを緊張感とともに前向きに捉えています。しかし、同時に、自分が日本にいるときに抱いた留学目標とゴール像も、自分の考えやアイデンティティの根っことして持ち続ける重要性があると思っています。苦労・感動・出会い含め、星空のように広がる海外留学経験の数々を目の前に”より有益な時間を得てくために心がけること”を留学前の抱負として考察しました。その答えは、“生まれ・日本で大事な人からもらったアドバイス・演劇が生活のなかにあり続けた家庭環境・長く抱き続けた留学への憧れ、といった私の人生を構成する重要なキーワードや考えを見失わないようにしよう”と定まりました。迷いや不安陥っても、私らしい決断をして一生誇れる留学をしたいです。


>> 福井 花 index
   
Last Updated: 7/2/19