米国非営利教育財団 SAFスタディ・アブロード・ファウンデーション
Contact Us | Student Login | SAF認定留学TOP | 留学相談・お問合せ

イギリス
For Students
SAF参加学生の体験談
SAF Newsletters

 

SAF GA 第3期生 - 2017 Spring
吉田 智絵 第5回現地レポート
吉田 智絵(Chie YOSHIDA)
第5回現地レポート(2017年8月)


所属大学: 駒澤大学 GMS学部
留学先国: アメリカ
留学先大学: カリフォルニア州立大学サンマルコス校
留学タイプ: 語学力強化+学部授業履修プログラム
期間: 2017年3月〜2017年12月(一年間)
こんにちは。カリフォルニア州立大学サンマルコス校に留学中の吉田智絵です。早いもので留学生活の半分以上が過ぎ、短い夏休みをはさんでいよいよ秋学期が8月の終わりから始まります。

先週一週間の夏休みを利用してアメリカ南東部にあるフロリダ州に訪れたので、現地を訪れた感想とカリフォルニアとの違いについて今回はご報告したいと思います。 まず大きく感じた違いは2点あり、一つ目は気候です。フロリダ州は非常に気温が高くまた湿度が高いので蒸し暑い天気です。特にこの夏の間は毎日夕方になるとスコールが降り、さらに湿度が高くなります。湿度が高い点では東京の夏とも似ていますが、さらに太陽の日差しが強いと感じました。その点現在いるカリフォルニアは朝晩だけは非常に冷え込んで、気温は高めですが湿度が低いのでとても過ごしやすいと思います!

次に2点目はアジア人の少なさを初めとする人種の違いについてです。西海岸はかなりアジア人が多く、普段生活していても特に自分がアジア人であることを意識する場面はほとんどありません。よく東部はアジア人にとって暮らしにくいという話を聞きますが、ヒスパニック系やアフリカンアメリカンが半分を占めるフロリダ州でアジア人を見かけることはほとんどなく、個人的な感想ではありますがサンディエゴにいる時よりもよりアジア人であることを意識した一週間でした。

アメリカと一言で言っても非常に広く、州によって雰囲気も全くことなるので、帰国するまでに時間とお金が許す限り、様々な場所に訪れてみたいと思います。 以上になります。

第5回現地レポート 01 width= 第5回現地レポート 03 第5回現地レポート 04

>> 吉田 智絵 index
   
Last Updated: 7/2/19