米国非営利教育財団 SAFスタディ・アブロード・ファウンデーション
Contact Us | Student Login | SAF認定留学TOP | 留学相談・お問合せ

イギリス
For Students
SAF参加学生の体験談
SAF Newsletters

 

SAF GA 第3期生 - 2017 Spring
吉田 智絵 第2回現地レポート
吉田 智絵(Chie YOSHIDA)
第3回現地レポート(2017年6月)


所属大学: 駒澤大学 GMS学部
留学先国: アメリカ
留学先大学: カリフォルニア州立大学サンマルコス校
留学タイプ: 語学力強化+学部授業履修プログラム
期間: 2017年3月〜2017年12月(一年間)
皆さまこんにちは。カリフォルニア州立大学サンマルコス校に留学中の吉田智絵です。3月からこちらに来て、来月で早いもので4ヶ月が経過しようとしています。さて先月でSpring Semesterが終了し、約3週間の休暇がありました。アメリカでは卒業シーズンがあり、その後は多くの学生が6月~9月までの約3ヶ月の長期休暇に入り、日本でいう春休みに相当します。私はこの夏学期も取っているので授業はあるのですが、留学生以外はほぼ授業を取らないことが当たり前で、学校は閑散としています。特に学校に併設されているスターバックスといったカフェや売店なども休みになってしまうので、非常に不便になります。(私の学校は規模が小さいので、より強く感じます。おそらく他の大学はここまで閑散とはしていないと思います。)

語学学校の学生も前期に比べ、大幅に人数が減り、大体7~8人程度の少人数クラスになります。 また、夏学期は他学期に比べ約半分の期間なので、授業の進むペースも非常に早く、宿題が教科書一単元分ということもしばしばあります。それに加え、TOEFL,IELTSといった他のテスト対策にも追われ毎日非常に忙しい日々を送っていますが、以前よりもクラスメートとの距離が近くなり、充実した日々を過ごしております。

写真はサンディエゴにとってはなくてはならない一大行事であるSan Diego Country Fairに行ってきた様子です!約1ヶ月ほど毎日開催され、遊園地や動植物、非常にユニークな食べ物を見たり楽しんだりすることができます。

第1回現地レポート 02 width= 第1回現地レポート 03 第1回現地レポート 04

>> 吉田 智絵 index
   
Last Updated: 7/2/19