米国非営利教育財団 SAFスタディ・アブロード・ファウンデーション
Contact Us | Student Login | SAF認定留学TOP | 留学相談・お問合せ

イギリス
For Students
SAF参加学生の体験談
SAF Newsletters

 

SAF GA 第3期生 - 2017 Spring
吉田 智絵 第2回現地レポート
吉田 智絵(Chie YOSHIDA)
第2回現地レポート(2017年5月)


所属大学: 駒澤大学 GMS学部
留学先国: アメリカ
留学先大学: カリフォルニア州立大学サンマルコス校
留学タイプ: 語学力強化+学部授業履修プログラム
期間: 2017年3月〜2017年12月(一年間)
第2回現地レポート 06 こんにちは!カリフォルニア州立大学サンマルコス校に留学中の吉田智絵です。留学生活を開始してからもうすぐ3ヶ月が経過しようとしています!私は現在休暇中で、先日1人でニューヨークに一週間ほど行ってきました。カリフォルニアとニューヨークでは全く正反対の雰囲気で非常に衝撃が強く、今回はその時に感じた土地の特色についてお話しします。
大きく違うと感じたことは全部で2点です。はじめに、気候についてですがカリフォルニア、特に私はサンディエゴにいるのでより強くこの違いについて感じました。サンディエゴは暖かく、カラッとした天気で曇りの日もありますがサングラスがないと目が開けられないほど日差しが強い日が多いですが、ニューヨークだと概ね曇っており、気温も低く、街の雰囲気も全く正反対でした。
第1回現地レポート 02 width= 第1回現地レポート 03 第1回現地レポート 04
次に人々の雰囲気についてです。サンディエゴでは時間が非常にゆったりと流れており、時間にもかなりルーズです。お店に行っても話しかけてくれる人が多く、人々が陽気であると思います。反対にニューヨークだと人々はせかせかしている感じがあり、道を歩いてもどの人もコートの襟を立てて足早に歩いていました。
今回の旅を通して感じたことは、カリフォルニアでは太陽とヤシの木があり、人々は陽気な印象で、ニューヨークでは街にはビルがそびえ立ち、時間の流れが早く、自分のことは自分という競争的社会が存在し、さすが世界の中心ニューヨークであると感じました。いつか私もニューヨークで仕事をするような、世界で活躍できる人になりたいと感じました。
第2回現地レポート 05 第2回現地レポート 07 第2回現地レポート 08

>> 吉田 智絵 index
   
Last Updated: 7/2/19