米国非営利教育財団 SAFスタディ・アブロード・ファウンデーション
Contact Us | Student Login | SAF認定留学TOP | 留学相談・お問合せ

イギリス
For Students
SAF参加学生の体験談
SAF Newsletters

 

SAF GA 第3期生 - 2017 Spring
鶴岡 奎也 第1回現地レポート
鶴岡 奎也(Keiya TSURUOKA)
第1回現地レポート(2017年4月)


所属大学: 神田外語大学 外国語学部
留学先国: アメリカ
留学先大学: オレゴン大学
留学タイプ: 学部授業履修プログラム
期間: 2017年4月〜2017年12月(一年間)

オレゴン州ユージーンに来てからようやく1ヶ月が経とうとしています。到着してからしばらくはすごくバタバタしていて、今はやっと授業が本格的に始まって落ち着いて来たと思います。
ぼくは到着してから入寮できるまで約三日間あったため、その間はホームステイしていました。同じホストファミリーに自分ともう一人日本から同じ日に到着した女の子が入寮まで泊りました。ホストファザーは自分が通っているオレゴン大学の図書館で働いていて、学校のこともよく知っているため、街の雰囲気や、学校のイベントなどたくさん教えていただきました。到着してその日に入寮してから必要になる日用品を車出してWalmartまで連れていっていただいたり、地元で人気のピザ屋さんでごちそうさせてもらったり、本当に優しいホストファミリーでした。
オリエンテーションは2日間に渡って行われて、学校のシステムなどの説明のあとはいくつかのグループに別れて、おそらく事前に募集したボランティアのオレゴン大学の先輩たちを中心にユージーン散策ツアーで近くのショッピングセンターまで行ったり、新しい留学生たちと交友するためにゲームしたりと充実したオリエンテーションでした。春休みがあけて最初の週は留学生を歓迎するイベントがたくさん行われて、そのたびにオリエンテーションで知り合った先輩たちが教えてくれていたので、積極的に参加しました。印象としては留学生への歓迎がすごいなと思いました。何十人と留学生がいるなか、学部留学生は自分含めたったの5人でそのうちの4人は日本人でした。最初はわからないことだらけだったので、日本人の友達と助け合ったりしました。もちろん現地の学生もみんな優しくて最初は話しかけるのに緊張しますが、聞けばちゃんと答えてくれます。
寮は二人部屋でルームメイトはアメリカ人の方でした。ルームメイトとその友達のご飯に混ぜてもらったり、地元がポートランドということでオレゴンのことをよく教えてくれます。
授業はまだ最初ということもあり簡単そうなものから履修しました。ぼくは専攻がジャーナリズムなのでジャーナリズムの授業を二つとあとはビジネスと言語学を履修しています。予想通りリーディングの課題は多く読まないと授業を理解できないので、リーディングの習慣がついていない自分にとってはとても苦しめられています。
まだ始まったばかりなのでこれから先どうなるかわかりませんが、勉強に励みつつ、広く深く友達づくりもしていきたいと思います!

第1回現地レポート 02 第1回現地レポート 03

>>鶴岡 奎也 index
   
Last Updated: 7/2/19